3 薬に共通するおはなし(2):分布(D)(6)

薬を分解するチトクロームP450の邪魔のされ方は、

大きく分けて3通りです。

 

同じ酵素で分解される薬を2種類飲んで

酵素の作業量が2倍に増えたせいで、

個々の薬を飲んだ時よりも分解される量が減ったパターン1。

 

「酵素で分解されたもの」が酵素にくっついて酵素が働かなくなり、

同じ酵素が担当していた薬が分解されなくなった

(分解される量が減った)パターン2。

 

酵素に薬がくっついて酵素が働かなくなり、

同じ酵素が担当していた薬が分解されなくなった

(分解される量が減った)パターン3です。

 

生化学の酵素のところでおはなしした

「3つのじゃま」と似ていますね。

そっくりそのままではありませんが…。

パターン1は拮抗阻害。

ビタミンKとワーファリンのおはなし、再登場です。

パターン2とパターン3は

分解産物(反応生成物)か薬(基質)そのものかの違いはありますが、

非拮抗阻害に似ています。

邪魔のされ方の具体的内容を覚える必要はありませんよ。

 

相互作用をする薬をいくつか具体的に見ていきましょう。

パターン1にあたるのが、

「降圧剤のインデラルと片頭痛治療薬のリザトリプタン」ですね。

パターン2にあたるのが、

「細菌に対して効く抗生物質の一部

(マクロライド系抗生物質:エリスロマイシンなど←分解物が酵素に付く)と

睡眠導入剤のドルミカム」。

抗生物質の分類については、

各論の感染症のところでおはなししますよ。

パターン3にあたるのが、

「消化性潰瘍薬のタガメット(←酵素に付く方)と、

降圧剤(インデラル、アダラート等)、睡眠導入剤のハルシオン、

抗てんかん薬のカルバマゼピン…などなど」。

タガメットの名前を聞いたことがなくても

「ガスター」の名前を耳にしたことはあるのでは?

 

「多すぎ!覚えられない!」と悲鳴を上げた人、落ち着いて。

深呼吸して、もう少しだけ読み進めてください。

 

実際には、ここに挙げたよりもはるかに多くの相互作用があります。

でも、それらは薬に情報としてちゃんと書いてあります。

それが添付文書ですね。

医師や薬剤師は添付文書を読んで、

これら相互作用がないかを確認して処方・調剤しているのです。

添付文書には薬の名前(商品名)・形や

正式名称(一般名)・化学式、用量や用法、

相互作用等の大事な情報が書いてあります。

 

特に注意が必要なところは、

白地に赤文字で書いてありますよ。

「この患者さんにこの薬を使ってはダメですよ」という

「禁忌」がその代表ですね。

 

だから、薬を扱うときには、添付文書をちゃんと読むこと。

覚えるのではなく、「そのとき確認すること」が大事です。

何回も繰り返し出てくる特に重要な相互作用については、

各論のところで注意喚起しますからね。

 

次回は、相互作用で薬の効果が弱まるときのおはなしです。