7 各論2:脈・血圧(血管):高血圧・低血圧(3)輸液(2)

等張液輸液は、細胞の中に無理やり入り込むものでも

細胞の水を奪うものでもありません。

とても便利ですが…エネルギーのもと(糖質)も欲しいですね。

 

そこで生まれたのが低張(電解質)輸液。

ブドウ糖(グルコース)が入った輸液で、

最初は輸液全体がヒト細胞と等張液になるように作ってあります。

グルコースは代謝されると、水と二酸化炭素とATPになりますね。

最終的はグルコースの粒が減って水が増えますから、

低調(浸透圧が低くなる:薄くなる)液になります。

 

個別の目的に合わせて作られた1号液から4号液が使われます。

「まず水の補給!どこが悪いかはその後で!」

こんなときに使うのが1号液。

ナトリウムイオン(Na⁺)と塩化物イオン(Cl⁻)の濃さは薄めで、

カリウムイオン(K⁺)を含みません。

電解質(イオン)はいじらずに、水分補給で落ち着いてくれればオーケー。

もしだめなら、ちゃんと原因を探してから次の輸液にうつります。

 

「脱水だ!」と分かったときに使うのが2号液(「脱水補給液」)。

ナトリウムイオンと塩化物イオン、カリウムイオンに加えて

マグネシウムイオンや乳酸イオン等も含みます。

細胞内液補給に重点を置いた輸液ですね。

 

「脱水」と簡単に言いましたが、脱水にも種類があります。

炎天下や食事をとれない体調不良のように、

じわじわと水分がなくなった脱水は

細胞外(血液・組織液)だけでなく細胞内水分も足りません。

そんなときに細胞内に水分を届けるときに使うのが、2号液になります。

 

2号液で水・電解質不足が落ち着いたあとに使うのが3号液(「維持液」)。

こちらは2リットルあたりに1日必要量相当の

ナトリウムイオンと塩化物イオン、カリウムイオンを含んだもの。

お目にかかる機会が一番多い輸液です。

水分の体へのイン・アウトのおはなしは、

生化学でミネラルの前提としておはなししてあります。

とりあえず「飲料水と食物中の水」の部分が

この3号液2リットルに置き換わったと思ってくださいね。

 

手術をすると、たいてい水分が足りなくなります。

普段水分や熱が逃げないように覆ってくれる皮膚を切って、

出血のある手術をする以上、どんなに注意しても仕方のないことです。

だから、手術後の水分回復に使うのが4号液(「術後回復液」)です。

こちらは細胞外液が足りなくなる急な脱水です。

似た状況には嘔吐や下痢も当てはまりますね。

成分はナトリウムイオンと塩化物イオン、ブドウ糖(グルコース)と乳酸イオンで、

カリウムイオンは入っていませんよ。

 

このように分かれてはいますが…主に使われるのは1号液と3号液です。

目的とする状況の違いは分かってもらえたと思いますが、

「1号液にはカリウムイオンが入っていない」ことはポイントですからね。