6 体温のおはなし(3)上部消化器系(+肝胆膵)

食べ物の流れに従って

上部消化器系のおはなしをしてきましたが。

大事なのに、すっぽり抜けたところがありますね。

消化酵素とそれを助けるものが出るところ、

肝臓・胆嚢・膵臓です。

14 尿と腎臓のおはなし

あれ?pHのおはなしはもうおしまい?

ある意味おしまいで、ある意味まだ続いています。

pHが主役ではありませんが、

pHに深くかかわる器官

「腎臓」がメインのおはなしです。

...

14 尿と腎臓のおはなし

「ろ過」を理解できたので、「再吸収」のおはなしです。

再吸収は、原尿に出てしまった体にとってまだ大切なものを

体の中(毛細血管)に取り入れることです。

再吸収の場所は尿細管。

「くだ(管 ...

14 尿と腎臓のおはなし

尿に関係するホルモンのおはなしです。

とはいえ「11 ホルモン」で

1回説明済みのところですね。

 

尿に関係するホルモンは

バソプレッシンとアルドステロン。

14 尿と腎臓のおはなし

尿を作る以外の、腎臓の役割についてのおはなしです。

本来は解剖生理学の範囲ですが、

生化学の復習にもなるのでここでまとめておきますよ。

 

今まで勉強してきた中で

...

14 尿と腎臓のおはなし

今回は人工透析の基本についておはなしますね。

詳しくは、ネットや本で理解を深めてみてください。

腎臓に病気がある方向けのパンフレットも各種ありますよ。

 

まず、人工透析は「血 ...

14 尿と腎臓のおはなし

腎臓がおかしくなってきた…。

そんなときに、早く気付いてあげたいものです。

尿に出たらおかしい成分についておはなししますよ。

 

最初に、尿に出ていい成分を確認。

...

14 尿と腎臓のおはなし

尿に出たら異常な成分の続き。

糖とケトン体のおはなしに入ります。

 

糖(グルコース)は、本来体にとって大事なもの。

原尿に出ても、再吸収して体の中に戻すはずです。

13 酸とアルカリのおはなし

今回からは、酸とアルカリについてのおはなしです。

前回の最後にも書いたように、

看護の世界では

化学の時間のような難しい計算はありません。

覚えなくちゃいけない単語や数字はありますが、

13 酸とアルカリのおはなし

血液のpH、もう覚えましたね。

今回は、正常域から

はみ出してしまうことを防ぐおはなしです。

大事なことをまとめておきましょう。

体のpHの恒常性を守っているのは、

主に肺と ...