12 各論7:呼吸(中枢・精神):⑦統合失調症の薬(1)

精神領域の主役級分野にようやく到着。

ここからは統合失調症に効くお薬です。

 

統合失調症にはドーパミンの過剰とGABAの不足が関係していると考えられています。

「リラックスモード担当が不足で神経はずっと興奮モード。

ドーパミン過剰で幻覚・妄想が出ちゃって、心も体も大パニック!」

まずはこのイメージ、いいですよね。

だから多すぎを減らして、少なすぎをフォローしてあげましょう。

ドーパミン受容体をブロックして、

幻覚や妄想を止める薬がメジャートランキライザー。

GABAの受容体を刺激して不安やけいれんを止め、

筋肉の力を抜き、鎮静・催眠作用のある薬がマイナートランキライザーです。

「トランキライザー」とは、遮断薬の意味。

「パニックになっている神経の、過剰な情報伝達を遮断する(止める)」ですね。

 

メジャートランキライザーは、統合失調症の陽性症状(幻覚や妄想)を止める薬。

フェノチアジン誘導体の一群が代表ですね。

たくさんありますが…まずはクロルプロマジン塩酸塩(コントミン)と

ハロペリドール(セレネース)を紹介します。

 

クロルプロマジン塩酸塩(コントミン)はフェノチアジン誘導体の一員。

ドーパミン受容体2(D2受容体)を邪魔(遮断)するお薬です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00048728

 

禁忌はフェノチアジン系化合物やその類似物質に対するアレルギー。

アナフィラキシーショック治療以外でアドレナリンを使っている人や、

昏睡・循環虚脱状態の人、全身麻酔等の強い中枢抑制影響下の人も禁忌です。

全身麻酔等の強い中枢抑制下では、その抑制の増強・延長可能性があるから。

昏睡や循環虚脱状態では、その状態が悪化する可能性があります。

アドレナリン使用中が禁忌になるのは、作用逆転の可能性があるからですね。

アドレナリンの受容体にはαとβがありました。

そのうちα受容体がクロルプロマジン塩酸塩でブロックされます。

本来、アドレナリンは血圧を上げるために使うもの。

それなのにα受容体をブロックされて、β受容体の作用が優位になってしまうと、

血圧が急降下(作用逆転)!

これでは薬を使う目的と効果が逆になって一大事です。

だからアドレナリンとボスミン(どちらも昇圧薬)は併用禁止ですよ。

次回はクロルプロマジン塩酸塩の原則禁忌のおはなしです。