12 各論7:呼吸(中枢・精神):⑧うつ・双極性障害の薬(5)

三環系抗うつ薬に続き四環系抗うつ薬を紹介しましたが。

「やっぱり、使いにくいって!」

…ごもっともです。

だから改良されて生まれたのが、

選択的セロトニン受容体阻害薬(SSRI)と

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)です。

再取り込みが阻害される(分解されずに済む)対象が限定されたので、

「少しは」注意する点が減りました。

でも、セロトニンやノルアドレナリンは体の中で広く使われる神経伝達物質。

残念ながら、併用注意薬はあまり減っていませんよ。

 

選択的セロトニン受容体阻害薬(SSRI)の一例として、

パロキセチン塩酸塩水和物(パキシル)を紹介します。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00058794

禁忌は本剤にアレルギーのある人と、

MAO阻害薬使用中(と中止後2週間以内)の人と、ピモジド使用中の人。

 

「MAO阻害薬は同じ働きの薬だから、セロトニン症候群の危険で…

ん?ピモジドって何?」

 

ピモジド(オーラップ)はアドレナリンα受容体拮抗薬。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00052995

統合失調症等でドーパミン受容体をブロックするときに使う薬です。

ピモジドとの併用により、

QT延長や心室性の重い不整脈が引き起こされる可能性があるから

「禁忌」なのですよ。

 

あと、警告に「若年者(7~18歳)のうつには効果がないかも」と書かれています。

海外では「自殺リスクが上がるかも」との報告もされていますね。

 

慎重投与対象は幾分少なめ。

抗コリン作用が怖い緑内障や高齢者。

悪性症候群を起こす可能性のある抗精神病薬(主に統合失調症の薬)を使っている人。

精神状態が悪化する可能性のある、

脳の器質的障害や衝動性の高い併存障害のある人。

自殺念慮・企図のある人。

統合失調症の素因がある人も発症する可能性がありますね。

そして電気的変化で発作を起こし得るてんかんのある人と、

そう転が怖い双極性障害の人も慎重対象です。

大事な追加対象は「出血危険性のある人」。

皮膚・粘膜(胃腸を含む)が起こりえますので、

併用注意薬と一緒に意識しておいてください。

 

残念ながら、小児と妊娠・妊娠可能性のある人に対しての

安全性未確立は変わりませんね。

 

次回は併用注意薬から確認していきますよ。