4 薬に共通するおはなし(3):薬の働き

薬の働きについてのおはなしをはじめましょう。

ここでおはなしすることは

「細胞への入り方」と

「細胞(の中)で何をするのか」ですね。

キーワードだけ先に説明しておきますよ。

...

4 薬に共通するおはなし(3):薬の働き

細胞の中に入っていかない薬もあります。

細胞膜にくっつけば、

それで「薬として効く」ということですね。

 

ここで、生化学で勉強した

脂溶性ホルモンと水溶性ホルモン ...

4 薬に共通するおはなし(3):薬の働き

細胞の中に入らなくても効く薬の続き。

化学的に胃酸を中和する制酸剤、

受容体ではなくチャネルにはまるイオン拮抗薬、

血液中の酵素を邪魔する薬などがここに当てはまります。

 

4 薬に共通するおはなし(3):薬の働き

血液中にある酵素を邪魔する薬として、

アスピリンを紹介しますね。

アスピリンは消炎鎮痛剤であり、

血栓を防ぐ薬でもあります。

 

止血のしくみ、思い出してみましょう ...

4 薬に共通するおはなし(3):薬の働き

催奇形性が問題になるのは、

「お腹の中にいるとき(胎児期)」です。

受精卵からヒトとして生きていける体を作るため、

細胞分裂をたくさんしている時期ですね。

 

胎児 ...

4 薬に共通するおはなし(3):薬の働き

細胞の中に入った薬のはたらきについて。

ここを理解するためには、

生化学のセントラルドグマを思い出すのが一番です。

復習しつつ、薬の作用を理解しましょう。

 

セン ...

4 薬に共通するおはなし(3):薬の働き

ビタミンAの過剰症の例で

催奇形性の基本をおはなししました。

薬の催奇形性も、同じことですよ。

 

胎盤を抜ける薬は「脂溶性」または

「水に溶けてイオン化するか、

4 薬に共通するおはなし(3):薬の働き

催奇形性の盲点になりがちな、

抗生物質テトラサイクリンのおはなしです。

どこを邪魔するのかというと、

翻訳のときにアミノ酸がつながるところです。

生化学:セントラルドグマ

翻 ...

3 薬に共通するおはなし(2):分布(D)

吸収したお薬は、

効いてほしい細胞に届ける必要がありますね。

そこが「吸収・分布・代謝・排泄」の

分布(D)のおはなしです。

単に血液にのって全身の細胞の近くに行くだけ…

で ...

3 薬に共通するおはなし(2):分布(D)

主作用と副作用のおはなしは、

「クスリのリスク」と言われることもありますね。

主作用というのは、薬が本来目的としている働きのこと。

副作用というのは、

クスリの本来目的としていなかった