9 ビタミン・ミネラルのおはなし(6)

今回からは水溶性ビタミンのおはなしです。

水溶性ビタミンは欠乏症になりやすい…でしたね。

毎日とらないと欠乏しやすい、

大事なビタミンについて勉強していきましょう。

 

水溶性ビタミンには、

ビタミンBの一族とビタミンCが含まれます。

「Bの一族」とありますから、ビタミンBは1つではありませんね。

ビタミンBには複数あることをお忘れなく!

 

ビタミンB1は、代謝(特に糖質代謝)の補酵素です。

補酵素…酵素を補うものですから、

タンパク質で出来た酵素(ハサミ)を助けるもののこと。

酵素は体の中の反応にあっちこっちで活躍していますから、

補酵素がないとあっちこっちが不調になってしまいます。

ビタミンBの一族は「何かの補酵素」が多いですよ。

そんなビタミンB1の欠乏症は脚気です。

明治時代から昭和初期に、たくさんの人がかかった病気です。

多発性神経炎、浮腫(むくみ)、そして心不全が主症状。

これは食生活の変化と大きな関連がありました。

江戸時代までは、農家の主食は玄米。

精米技術が向上し、白米が広まったのは明治時代からです。

白米は色がきれいで食べやすかったため、

あっという間に玄米から主食の座を奪い取りました。

その結果、どうなったのか。

玄米の胚芽に含まれていたビタミンB1が、

極端に不足してしまったのです。

しかも他の食品からビタミンB1を取ることができなかったため、

次々と脚気は広まっていった…という歴史があります。

 

じゃあ、ほかの食品からビタミンB1をとれる現在では

「脚気は古臭い病気」でいいのかというと。

残念ながら、そうは言えません。

インスタント食品に頼る生活では、

どうしてもビタミンB1が不足しがちになります。

大学進学や就職で1人暮らし。

食堂はあるけど時間もない、お金もない…。

これでは、脚気を発症してしまいます。

また、体調を壊して長期入院・絶食点滴…となったときに、

ちゃんと点滴内にビタミンB1が含まれていないと

長期入院によって脚気発症が起こっても、何らおかしくないのです。

 

ビタミンB1は体内にためておけず、

欠乏症を起こしやすい水溶性ビタミンです。

毎日の食生活に、意識して豚肉を取り入れましょう。

大豆や胚芽米でもオッケーですが、

豚肉と比べてしまうと少々劣ります。

ニンニクはビタミンB1を吸収しやすい形にします。

できれば一緒に食べたい組み合わせですね。