1 切った!(切創)

解剖生理学実用編その2。

ここからは応急手当のおはなしです。

せっかく勉強したんですから(するんですから)、

生活に役立てていきましょう。

…もっとも、怪我や病気をしないのが一番なんですけどね。

 

始めは「切った!(切り傷:切創)」から。

切り傷にはいろいろなレベルがあります。

紙で切って、血が出ない…のも表皮の切り傷。

包丁等でざくっと大血管が切れてしまって、

血が脈打ってあふれ出してくるのも切り傷です。

 

血が出ていないなら、とりあえずは心配無用。

感染の心配はしなくてよさそうです。

ただ、人体最大の物理防御の皮膚が傷ついたことは事実。

傷口を軽く洗っておきましょう。

あとは皮膚の細胞たちがちゃんと治しておいてくれます。

 

血が出ていたら、まずは止血したいところですね。

そのためには、血の出方をチェックしましょう。

一般的な出血(紙で切って血が出た等)は、

まず水道水でいいので周りを洗い流し、

周囲を少し押して入り込んでしまった菌を

血と一緒に外に押し出してしまいましょう。

あとは傷口の上にガーゼ等を当てて、

数分圧迫すれば血は止まるはずです。

あとは、血小板たち(かさぶた:血栓)にお任せです。

血栓がちゃんと固まるまでは保護した方が安心ですが、

固まった後は乾かしてしまっても問題ありませんよ。

 

数分の圧迫で血が止まらないときは、

動脈や静脈が切れた可能性がありますね。

どちらが切れてしまったかは、

血の色と血の出方で分かります。

普段見る血の色で、じわじわ染み出してくるのは静脈が切れたもの。

普段よりもはるかに鮮やかな色で、

脈拍に合わせてあふれ出してくるものは動脈が切れたものです。

どちらにせよ、もう病院にお任せするレベルですね。

 

でも、病院到着まで出血しっぱなし…では

ショック(全身の酸素欠乏による重大な身体症状)を起こして

大変なことになってしまうかもしれません。

だから、できるだけ止血点を押さえながら病院へ向かいましょう。

 

止血点は、原則として脈を取れるところ(動脈)にあります。

切り傷を作ったところより体の中央側の、

圧迫しやすいところを押さえるのです。

手ならば、橈骨動脈と尺骨動脈。

腕ならば上腕脇の近くの上腕動脈。

足ならば膝上の太もも内側の大腿動脈。

顔ならばこめかみの上の外頸動脈ですね。

運動後や入浴後に、

どこが脈打つところか(止血点のある動脈か)

確認しておくと安心できますよ。

 

圧迫は、可能ならば手や指で押してください。

面倒だから…とひもで縛ってしまっては、

縛ったところが血液不足になってしまう危険があります。

どうしても、というならスカートの丈調節用のゴムバンド。

包帯よりも幅が広く、固定しやすいので

1本あると意外と便利ですよ。