1 化学のおはなし:イントロダクション

「化学」と聞いて、逃げ出さないでくださいね。

看護学校や看護学部(看護学科)に入学して、

最初の半年で「化学」を勉強することになるはずです。

…生物選択で受験した人にとって、最初の関門です。

 

もちろん、化学受験をした人にとっては「生物」が最初の関門。

どちらも初めて勉強するにはそれなりに大変な科目なのですが。

おそらく「生物選択者の化学」はかなりの難易度になると思います。

 

そこで、ここでは化学についておはなししていこうと思います。

ただし「看護を勉強するうえで最低限必要な化学」に限定します。

 

だって、ここを読んでくれる皆さんの目標は

「看護師になること!」ですよね。

だったら、その目標に直結しない部分は省略して、できるだけ簡単にいきましょう。

 

もちろん、看護師以外の医療職を目指す皆さんにとっても

それなりに意味のあるおはなしになるはず。

ただ、大学を目指す受験生には全くお勧めしません。

該当範囲がかなりずれてしまいますので、

時間を無駄にすることなく、他の有用なページへ移動してくださいね。

 

おおまかな分類としては

「『物』のおはなし」

「気体と三相のおはなし」(肺の働きと酸素ボンベ基礎)

「固体と液体:融解」(浸透圧)

「電離平衡・中和」(腎臓と人工透析)

「燃焼熱」(細胞とヒトの代謝)

「反応速度・触媒」(使い捨てカイロ)

…と進んでいく予定です。

 

もちろん人体を理解する化学に限定したので、

どこに関係しているかをこまめにお知らせするつもりです。

先程の進行紹介のところにも

「理解のここに役立つよ」という分野をかっこ書きしてありますね。

 

看護師国家試験には、化学そのものの問題は出てきません。

一応、酸素ボンベ計算・点滴計算はありますが、

そちらについては「数字なんて怖くない!」でおはなし済みです。

ここでは、大学1年前期を乗り切るための

「看護に必要な化学」に集中していきますよ。

 

だけど、ここを読み終わるころにはきっとわかるはず。

「あれ…?化学って、生物のおはなしの基礎になってるんだ…」

そこが分かればしめたもの!

生物のおはなしがもっと分かるようになり、

生化学もすんなり頭に入ります。

さらには生理学・解剖学の大前提まで勉強しているようなものです。

途中でよくわからないところがあっても、

とりあえず最後までお付き合いください。

後から見直せば、分かるところが増えているはずですからね!

 

では、次回「モノ」のおはなしから始めましょう!