このサイトの存在理由(と暗記のテクニック)(1)

2018年7月7日

学校の授業でもないのに(単位が認定されるわけでもないのに)、

どうしてこんなホームページがあるのか?

そんな「このサイトの存在理由」についておはなしします。

最後に「暗記力を高めるテクニック」についても御紹介しますね。

 

おそらく、ここを読んでいるみなさんは看護学生か

少なくとも看護に興味・関心のある方だと思います。

看護を志(こころざ)そうと、熱い情熱に燃えているあなたを、

待ち受けているのは「専門基礎科目」という壁です。

 

決して、脅かしているわけではなく。

情熱がしぼんでしまうほど専門基礎科目で躓(つまづ)く人が多いんです。

理由はいろいろあると思いますよ。

ただ「その一因は教える側にあるんじゃないか」と思うんです。

 

何が、どこまで看護師国家試験に必要になってくるのか。

そのためには、この科目でどこまで理解してもらう必要があるのか。

この大前提、意識できている専門基礎科目の先生方はどれだけいるでしょう。

多くの先生方は各分野の専門家ではあっても、

「看護師(国家試験)」については専門外のはずです。

これでは学生が「必要とする内容」と、

教師が「教える内容」にずれが出てきてしまいます。

 

もちろん、重なる部分はありますよ。

だけど、ずれている部分に講義の重点が置かれ、

単位認定試験と看護師国家試験の乖離(かいり)があまりにも大きいと…

「あの科目、難しいだけで役に立たない」

…なんてことが起こってしまうのです。

 

そして悲しいかな、看護師国家試験を勉強している学生の声を聴くと

「生化学・生理学・解剖学は捨て科目」という人が結構多いんです。

 

このサイト(ホームページ)は、看護師資格のある、教育特化型の専門講師が

「看護師国家試験で必要になる内容」を、

「できる限り簡単に、できる限り覚えることを少なくして」説明します。

この内容が理解できれば、国家試験も怖くない!なのです。

 

あと、途中で日常生活に潜(ひそ)む、役立つ

生化学・生理学・解剖学についてもお話ししていきます。

どうぞお楽しみに!

 

そして、お待たせしました。

お楽しみの「楽に暗記ができるテクニック」の御紹介です。

 

…決して、怪しいお話じゃありません。

 

楽に、たくさん覚えたいなら

興味を持ちつつ、わくわくしつつ、頭をシャキーン!とさせて覚える

…これだけです。

 

なぜこれが暗記のテクニックになるのか。

それにはちょっと解剖・生理の説明が必要。

どうしてもお話が長くなるので次回にまわすことにしましょう。