1 イントロダクション:ここでおはなしすること

解剖生理学のところでは、

どうしてもおはなしに触れにくかった部分があります。

例えば、生殖器系のおはなしだけど

「生殖に直結しない」話題。

本当は免疫の第一歩「物理防御」に関係しているけれども、

壊れてしまわないとその重要性に気付きにくい

「皮膚」の話題などのところです。

 

単なる「単位を取る」「国家試験に合格する」

ための勉強では出てこないかもしれません。

でも、実際の生活ではとっても大事なところです。

 

だから「実用編」という位置づけで、

ちょっと進んだ(?)解剖生理学のおはなしをはじめます。

 

おおまかな方向性として。

「生殖に直結しない」生殖器系として

STD(性感染症)とピルのおはなし。

ピルのところでは生理が辛すぎる「月経困難症」についても

おはなししますね。

「皮膚」のおはなしでは創傷治癒や褥瘡、

フェイスケアやアトピーについても

説明できる範囲で説明していきますよ。

 

ある種、解剖生理学発展領域。

ある種、微生物学や病態学。

科目に縛られない理解をどんどん深めていきましょう!

 

いきなりですが、

「性交渉をしたけど妊娠を望まない人は、

可能な限り早くアフターピル(緊急避妊ピル)!」です。

行為後12時間以内なら妊娠確率は1%未満ですが、

2日(48時間)以内の服用では約4%で妊娠が成立します。

ピルのメカニズム等についてのおはなしは少し先になりますが、

この情報だけは早めにお知らせしておきますね。

 

…妊娠を望まない以上、

緊急ピルではなく通常のピルを飲んでほしいのが本音。

しかも性行為をする以上、

コンドームを付けないと危険なのですが…。

その「危険」の内容は、

次回から始まる「STD」で勉強していきましょう。