3 ピルのおはなし(2)

今回はピルと月経困難症についてのおはなし。

 

月経の痛みや経血量には「著しい」個人差があります。

寝込んでしまい、2時間も持たずにトイレに駆け込む人もいれば、

痛みが全くなく経血量も少量、

2日もすれば平時と変わらない…なんて人もいます。

 

ひどい月経痛や月経量のときには、

月経困難症の可能性がありますね。

月経困難症は月経期間内に「病的」症状が起こるもの。

月経痛、頭痛、イライラ、吐気、下痢等が代表的です。

月経困難症を引き起こすのは、

女性3大良性疾患とも呼ばれる

「子宮筋腫」、「子宮内膜症」、「子宮腺筋症」。

これら原因疾患のないものは「機能性月経困難症」です。

この機能性月経困難症に、ピルが効きます。

 

体の中でLHサージを利用して月経周期を維持しているときは、

「確実に相が入れ替わって、

受精・妊娠可能な状態になるように」が最重要事項でした。

だから通常、

必要な量より多め(確実性重視!)の各種ホルモンが出ます。

そうすると、月経痛の原因になるプロスタグランジンも

黄体ホルモンのせいで多めに作られます。

プロスタグランジン…聞いたことありますね。

生化学の「アラキドン酸からできるもの」の1つです。

https://5948chiri.com/bioc-8-5/

プロスタグランジンには炎症作用だけでなく、

「子宮収縮作用」もあります。

出産時に「陣痛促進剤」としても使われるのはこのためです。

そして月経時の子宮内膜剥離にも関係しています。

 

では、ピルを使うと何が違うか。

ピルは体の外側から女性ホルモンを入れるもの、でしたね。

主目的は「排卵停止(避妊)」です。

月経周期を保つ最低限のホルモン量があれば十分です。

黄体ホルモンの量、少なくて済むことが分かりますね。

そうすれば、できるプロスタグランジンも少なくなります。

結果、炎症(に関係する)物質由来の痛みを

少なくすることができるのです。

あとはプロスタグランジンを作る(切り取る)ところを

邪魔する薬を鎮痛剤として使えばいいのですね。

 

ホルモン量が「低め(少量)」になるということは、

月経前症候群(PMS)も軽減します。

月経前症候群は、生理前(3~10日前)に現れる

身体的・精神的に不快な症状が病的に強いもののこと。

腹痛、頭痛、イライラ、眠気…等ですね。

女性ホルモンはステロイドホルモン。

体内ステロイド量は、

精神面にも影響を及ぼすことを覚えておくといいですよ。

これが分かっていれば、

「マタニティハイ」や「マタニティブルー」も

イメージしやすくなるはずです。

 

次回は、ピルの副作用に関係するおはなしです。