3 ピルのおはなし(3)

ピルのいいところばかりをおはなししてきましたが。

ちょっと注意するところもあります。

「副作用」と言われるとドキッとしますが、

定期的に検査をすれば怖いものではありませんよ。

 

まず、使い始めてから3か月くらいまでには、

吐気・頭痛・むくみ等が出ることがあります。

これは体内のホルモン量が変化することに伴うもの。

ホルモン量はピルの種類(商品)によって異なるので、

「合わない!」と思ったら変更できます。

変更希望をお医者さんに伝えてください。

 

次に血栓症のリスクがあること。

血管内で血液が固まってしまうことで、

「~血栓症」や、心筋梗塞、いわゆる「脳卒中」が対象ですね。

でも「リスク」といえども、妊娠中の血栓症リスクよりも低いものです。

ちゃんと定期的に血液検査を受けて、

血栓症に関係する指標には気を付けていてくださいね。

 

副作用、以上。

あとは「避妊・月経困難症(月経前症候群)緩和」以外の作用の紹介です。

 

ピルは、身体の外から女性ホルモンを入れるもの。

性ホルモンに関係するものとして「ニキビ」の緩和があります。

これはいわゆる「大人ニキビ(アダルトニキビ)」の緩和。

性ホルモン産生量が安定しないゆえに出るものが、

思春期の(本来の)ニキビ。

性ホルモン分泌量が安定した後はニキビは出ないはずですが。

何かのきっかけ(ストレス等)でホルモン分泌が不安定になると、

「大人ニキビ」の出現です。

ピルを飲んでいると、

ニキビに関係する「ホルモン分泌」が不安定になりません。

ホルモンは外から安定供給…これなら「大人ニキビ」は出てきません。

ニキビのでき方(と悪化の仕方)については、

次の「皮膚・粘膜のおはなし」でしますからね。

 

あと、生理周期を安定させることもできます。

「いつ来るか分からないから、旅行等にあたらないように…!」

なんて不安からおさらばです。

さらに、数日であれば生理の日をずらすこともできます。

直前になってからずらすことはできませんが、

事前に分かっていれば

重大イベントの日に生理が重なることを防止できます。

こちらのやり方は主治医に聞いてから。

勝手にピルの飲み方を変えてしまっては、

変なタイミングで出血(不正出血)が出て困ることになりますよ。

 

ピルの副作用等についておはなししましたが、

怖いものではありませんでしたね。

生理痛が辛い、月経前症候群がきつい、大人ニキビが…

なんて人は、一度婦人科を受診してピルを検討してみては?

早いうちに婦人科を受診しておくメリットは他にもあります。

前回出てきた女性良性3大疾患の把握にも役立つからです。

次回、その3大疾患についておはなししましょう。