4 髪(2)シャンプー・リンス・コンデショナー

「いくらリンスがあるとはいえ、髪を傷めないシャンプーを!」

シャンプー自体の改良が進み、

中性や弱酸性のシャンプーができると、

リンスの目的も変わってきます。

もうアルカリ性を酸性で中和させる必要はありません。

現在のリンスの主目的は、「静電気防止」に変化しています。

 

静電気は手を触れたときに「バチッ!」としたり、

髪の毛が広がったりすることで分かりますね。

小学生のときに下敷きをこすって

髪の毛が逆立つことを確認した人がいるかもしれません。

静電気が起こる理由にはいろいろありますが、

髪に注目すると「摩擦」が一番大きな要因になります。

髪をブラッシングすると、

ブラシの毛と髪の間で摩擦(ごく小さな引っ掛かり)が起こり、

そこで静電気が生まれます。

 

できた静電気は、マイナスの小さな粒。

磁石のマイナスどうしは、お互いに反発し合う関係ですね。

髪で静電気ができて、髪の毛1本1本が反発しあうと…

髪の毛が広がることになります。

下敷きをこすると、こすった場所の毛

(服の線維:羊毛のセーター等はまさに「毛」)がマイナスの粒だらけ、

下敷きは逆にプラスの粒だらけになります。

髪の毛はちょっとしたきっかけでマイナスの粒を集めやすいので、

プラスがたくさんの下敷きを近づけるとマイナスが集まってきて

プラスとマイナスが引き合う(髪の毛が逆立つ)ことになります。

 

マイナスの小さな粒が、

狭い面から大量にヒトの体に移動すると「電気!」と感じます。

「金属のドアノブに触ろうとしたら

(大概指先の一点が最初に近づく)、バチッと来た!」の原因です。

一度粒が移動してしまうえば

「バチッ!」としません(もう移動する粒がない)し、

広い面で触ってしまえば「バチッ!」と感じないはずです

(粒はたくさん移動するけど、

一点集中ではないから「電気!」とまでは感じない)。

この静電気を防止するためにリンスに含まれているのが、

「第4級アンモニウム塩(陽イオン界面活性剤)」です。