11 ホルモンのおはなし(2)

恒常性維持にホルモンがどう作用しているのか。

そのキーワードが「フィードバック」です。

 

単に言葉で説明してもイメージしにくいので、

とある暑い日を想像してみましょう。

エアコン(冷房)のスイッチを入れたとします。

…このとき、一発で希望の温度になることはとても珍しいことです。

ふつうは「寒すぎる!」か「まだ暑い…」になります。

「まだ暑い…」とき、エアコンの設定温度を下げようと思いますよね。

この『最初の行動のきっかけと同じ方向でさらに強化する』のは、

「正のフィードバック」といいます。

「暑いから温度を下げよう」に「まだ暑いから温度を下げよう」ですから、

同じ方向に、さらに強化ですね。

「寒すぎる!」ときには、エアコンを切るか設定温度を上げますね。

これは『最初の行動のきっかけと逆の方向に働く』です。

これを、「負のフィードバック」といいます。

「暑いから温度を下げよう」が

「寒いから設定温度を上げよう(エアコン切ろう)」ですから、

逆の方向に働いたことが分かるはずです。

 

私たちの恒常性は、主に負のフィードバックで守られています

一応、正のフィードバックは「LHサージ」で出てきますが、

基本は負のフィードバックです。

例外の「LHサージ」の名前だけは、頭の片隅に置いておいてくださいね。

 

調節の仕組みが分かったところで、もう少し詳しく。

ホルモンは何からできているかで大まかに分類できます。

ペプチドホルモン、アミノ酸ホルモン、アミンホルモン、ステロイドホルモンです。

…なんとなく、耳にしたことのある言葉ばかりですね。

それがすごく大事なところです。

何も浮かばなかった人は、

「5 タンパク質」「6 タンパク質代謝」「7 脂質」を見直してきましょう。

このうち、特に覚えてほしいのは「ステロイドホルモン」です。

具体的には、副腎ホルモンと性ホルモンが含まれます。

 

別の分類方法もありますよ。

それが「脂溶性ホルモン」と「水溶性ホルモン」です。

この分け方、ビタミンのところでしましたよね。

ビタミンのところでは、過剰症と欠乏症のなりやすさの判断につかいました。

ホルモンのところでは

「細胞膜を抜けられるか」の区別に使います。

復習をしておきましょう。

細胞膜は何で出来ていましたっけ?

細胞膜は、複合脂質による脂質二重層と膜タンパク質からできていましたね。

どう違いが出てくるのか、次回確認していきますよ。