1 ケース1:え?輸血した?(2)

前回確認した結論からスタート。

このC病院とC病院のお医者さんは、Aに賠償責任を負いました。

裁判所に「Aにお金を払いなさい!」と言われちゃったんです。

どうしてこんなことになったか、分かりますか?

C病院のお医者さんがAの腫瘍を治療したことが悪かったのでしょうか?

「正直、よくわからない」というのが本音では?

ならば、Aの立場に立って考えて見ましょう。

前提情報として「エホバの証人」の目標は、良いことをして天国に行くことです。

でも輸血をして他人の血を体の中に入れてしまうと、

天国に行けないとされているそうです。

さて、Aだったらなんて言いたいところですか?

 

「お医者さん、なんてことをしてくれたんです?!

私、天国に行きたいから、あんなことやこんなこともしてきたんです。

それなのに、もう天国に行けないんですよ!ひどすぎです!

本当はお金じゃどうにもならないところだけど、

せめてお金だけでも貰わないと口惜しくて…!」

おそらく、こんな感じですよね。

でもこれを読んだときにきっとこう思う人がいるはず。

「…こんなセリフ浮かばないよ?

なんでAは病気を治してもらったのに文句言ってるの?」

はい、この理性的な意見はとても大事。

このずれこそが、ケース1の問題点なんです。

キーワードは「あなたが大事にしていることは何ですか?」

これ、大事になってくるので覚えておいてくださいね。

 

いきなりですが、病院や診療所で行われる行為は「医療行為」といいます。

…逆に「医療行為とは何か」と定義しようとすると、結構難しいものですが。

とりあえずは

「人の体(身体)に処置をして、病気を治したり、体の状態を良くしたりすること」

としておきましょうか。

 

そしてこの医療行為、

実は法律の世界ではいつ「アウト!」と言われてもおかしくない行為です。

 

…まずは落ち着きましょう。

世をはかなんで、遺書を書き始める必要はありません。

だけど、医療行為は法律の世界では「アウト!」になりうる、

このことは覚えておいてほしいのです。

衝撃的ですよね。

毎日、人のためにやっていることが「アウト!」になりうるなんて。

誰も教えてくれない、大事な事実です。

でも、医療職の人たちは賠償金を求められることなく仕事をしています。

…なぜでしょう。

そこさえ分かれば、「アウト!」ではなく「セーフ」な毎日を過ごせます。

 

次回、「セーフ」の理由を見ていきますよ。

今回のキーワード「あなたが大事にしていることは何ですか?」、

これは忘れないでくださいね!