3 薬に共通するおはなし(2):分布(D)(8)

アレルギー(過敏症)のおはなしは、

生化学の第1章でもおはなししましたね。

花粉症はⅠ型アレルギーと紹介した、

細胞小器官(分泌顆粒)大活躍のところです。

 

白血球が薬を「異物!」と認定してしまったものが

薬アレルギー(薬剤過敏症)。

Ⅰ型からⅣ型まであることや、

白血球の種類も生化学の1章と同じおはなしです。

復習がてら確認していくことにしましょう。

 

Ⅰ型アレルギーは即時型。

一度異物と認定されたら、

すぐにIg-Eを介する免疫反応が起きて炎症が出てきます。

肥満細胞の中に貯め込まれた分泌顆粒の中身、

ヒスタミンのせいですね。

 

ヒスタミンが働くところは、

鼻腔粘膜・涙腺(鼻水や涙を出させる)だけではありませんよ。

気管支に働くと、気管支がギューッと狭まります。

血管に働くと、

血管は拡張して血管透過性が亢進します。

炎症部位へ白血球が集まりやすいようにしているのですね。

 

その結果がぜんそく(様の呼吸困難)、

血圧の低下(ひどくなるとショック)です。

食物・ハチアレルギーで怖いアナフィラキシーショックの、

「ショック」です。

アナフィラキシーショックを起こしたときに、

一刻も早く使う必要のあるアドレナリン注射のおはなしは

注射薬(筋肉注射)のところでしましたよ。

 

Ⅳ型アレルギーは遅効型(遅延型)。

Tリンパ球が働くので、

24時間(1日)以上たってから炎症が出てきます。

注射薬の皮内注射の例に出した、

結核に対する免疫反応(ツベルクリン反応)が代表例。

他にも薬に触れたところが炎症を起こす

「接触性皮膚炎」もⅣ型。

抗生物質軟膏(塗り薬)や洗剤・化粧品等で起こる可能性があります。

 

Ⅳ型は皮膚に症状が出ることが多いのですが、

「皮膚に不具合が出たからⅣ型!」ではありません。

じんましん(赤いぼつぼつ)、

光線過敏症(光にあたると赤みやかゆみ)、

多型紅斑型発疹(形は決まっていない、赤み)などは、

Ⅰ型アレルギーとして出ることもあります。

しかも塗り薬だけではなく、

飲み薬等で薬が体の中に入ってから出ることもあります。

「皮膚に症状が出たらⅠ型のこともⅣ型のこともある!」

これ、忘れないでくださいね。

 

Ⅱ型とⅢ型は免疫応答の内容が似ています。

働く白血球の違い(Ⅱ型はマクロファージ、Ⅲ型は好中球)と、

場所の違い(「血管内」とあったら、Ⅲ型が多い)で見分けましょう。

肝臓や腎臓で悪さをすることが多いので、

Ⅰ型でもⅣ型でもないときには

薬アレルギー(薬剤過敏症)のⅡ型・Ⅲ型も疑ってくださいね。

 

以上で分布についてのおはなしが一段落。

ようやく効いてほしい細胞の前まで薬が届きました。

次回から、「薬の働き」についてのおはなしです。