3 ピルのおはなし(4)

月経困難症を引き起こす、

女性良性3大疾患

(子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症)のおはなしです。

 

子宮筋腫は子宮の外膜に出来る良性腫瘍。

30代の女性では、3~5割に1個はあるといわれています。

子宮の外側なので一見月経困難症とは関係ないように思えますが。

初期は下腹部痛、腰痛、月経量増加。

ちょっと生理が重く感じてくる感じです。

月経量が増加すると血の固まり(血塊)が出て、

貧血が起こりやすくなりますよ。

腫瘍が急成長すると周囲臓器を圧迫し、

排尿困難や腎臓に悪影響を与えることすらあります。

ここまでなってしまうと(一部のこともありますが)

子宮摘出手術可能性が高いので、その前に発見!

 

子宮内膜症は子宮内膜が子宮外にできること。

月経のたびに出血して、炎症と癒着を繰り返し、

さらに増えていく困った状態です。

主に卵巣、骨盤腹膜、ダグラス窩にできます。

子宮内膜症を起こすと、月経困難症は必発レベル。

3~4割では不妊原因にさえなってしまいます。

鎮痛剤とホルモン剤による長期治療が必要になってきますよ。

 

子宮腺筋症は、

子宮内膜が「子宮筋層内」で増殖して、

子宮の一部又は全部が分厚くなるものです。

子宮だけど、本来の場所でないところに子宮内膜がありますので

「子宮内膜症」の親戚のようなものです。

30~40代に多く、

月経終了後も続く月経痛や過多月経、貧血が出てきます。

閉経でこれらの症状はなくなりますが、

待っていられないときには薬や手術のお世話になることに。

 

このように、「良性疾患」と言われていても、

厄介なものに違いはありません。

しかも頻度を考えると、

「自分も、たぶんなる」と思っておいた方がよさそうです。

早期発見・対処が大事なことは、もう分かってくれたはず。

そうでなくとも、月経困難症原因であることから

早く何とかした方がいいに決まっています。

早期発見のためには、かかりつけ婦人科を作ること。

遅くとも大学在学中に1回は婦人科を受診しておいた方がいいでしょう。

ここを読んでいる人の多くは各種実習にいくことになるはず。

そのときに月経困難症等で痛い思いをしたくありませんよね。

また、将来の妊娠・出産を考えても、

婦人科に慣れておくと安心できますよ。

 

生殖器系関連のおはなしは、ここで一段落。

次回からは、皮膚と粘膜のおはなしに入りましょう。