3 循環器系のおはなし(6)

生命に関わる異常心電図の続きです。

今回は「高カリウム血症」と「心筋梗塞」について。

 

高カリウム血症の特徴は「テント状T波」

これ、キーワードですから覚えちゃってください。

T波がなだらかな丘でなく、三角テントを張ったように尖って大きくなります。

このまま放置すると、R波は低くなりQRSの幅が広がって…

M字状になったら重症サインです!

 

本来細胞内に多いはずのカリウムイオンが血液中に多くなってしまうと、

チャネルは開いていても、細胞外へとうまく滑り出していけません。

カリウムイオンが細胞外へとうまく滑り出していかないと、

いつまでたっても細胞内がプラスのまま。

今度は待てど暮らせどナトリウムチャネルが開きません。

つまり「マイナス→プラス→マイナス」と動かなくなってしまうのです。

すると、周囲の細胞に電気刺激が伝わりません。

周囲の細胞に電気刺激が伝わらないということは、

心臓の筋肉がまとまって収縮できないということですから…

心室が血液を送り出す役目を果たせないことになります。

だから「高カリウム血症は、心停止の危険」があるのです。

こうなってしまう前に、いち早く高カリウム血症状態を改善する必要がありますよ!

 

心筋梗塞の心電図は「大きな下向きQ波」が特徴です。

これまた正常心電図が分かっているなら、すぐに気付けるはず。

心筋梗塞というのは、

血液が届かなくなったせいで一部の心筋が死んでしまった状態です。

死んだ細胞は電気を発生させませんし、伝えることもありません。

穴のように内側の電気状態を素通しすることになります。

心筋梗塞を起こした細胞の真上の皮膚に電極があると、

生きている周囲の心筋から伝わってきた電流が、

空いている下の方(穴の下:心室)へと流れていきます。

心臓の内側に向かう波は「マイナス」なので…大きな下向きQ波が出るのです。

 

一度死んでしまった細胞は生き返りません。

だから、そうなる前に対処しましょう。

心筋梗塞の最大原因は、動脈硬化を起こして血液が流れにくくなること。

心電図ではT波が大きくなり、幅も広くなってきます。

さらに動脈硬化状態が続くと、今度はT波が下向きになってしまいます。

これ、血液のめぐりが悪くなっている部分がT波を作る前に、

周囲の筋細胞からT波が流れ込んできてしまっています。

 

そのままにしておくと、心筋の一部が虚血(酸素不足)状態になります。

するとST間が基準線から下がり、

それでも放っておくと逆にST間が基準線より上がってきます。

もう、これは心筋梗塞1歩手前の状態。

発見・対処が間に合わないと…細胞が死んで、心筋梗塞です。

以上、異常な心電図のうち生命にかかわるものを説明してきました。

大事なことは「正常を覚えて、生命直結レベルの異常にすぐ気付くこと」ですよ。

次回から、「めぐる場所:血管」のおはなしに入りましょう。