4 血糖と糖尿病のおはなし(2)

血糖値を維持するためのホルモンのおはなしです。

最初に一言。

ここで説明するのは「ホルモン」のごく一部です。

ホルモン全体や個別のおはなしは、

「ホルモン」のところまでお待ちください。

「ホルモンとは何なのか」についても、そこまでお預け。

今は「ホルモンとは調節するものだ」でオッケーです。

 

血糖値に関係するホルモンはたくさんあります。

細胞が生きていくために必要なATPをつくるための材料が

グルコースですから、

当然と言えば当然の待遇です。

ですが、血糖値を下げるホルモンは1つしかありません。

覚えてしまいましょう。

膵臓B細胞から出る、インシュリン(インスリン)です。

 

膵臓からはいろいろなものが出ています。

ちゃんと「B細胞」まで一緒に覚えてください。

本当は「ランゲルハンス島B細胞(もしくはβ細胞)」ですが、

そこについてはホルモン全般のおはなしのときにしますからね。

血糖値を下げる」とはどういうことかというと。

血糖値というのは、血液中のグルコース濃度でしたね。

これが下がるのは、細胞にグルコースが取り込まれていったときです。

インシュリンは、

細胞に「グルコース取り込んでー!」と号令をかける働きがあります。

また、肝臓限定の働きではありますが

グルコースを貯蔵型のグリコーゲンにすること

血糖値を下げることになります。

インシュリンの「血糖値を下げる」働きは、

細胞がご飯を食べる(→ATPを作る)ために必要なのです。

 

では、逆に血糖値を上げるというのはどういうことか。

食事後、血液中に食べ物由来の糖が流れ出てきます。

これを細胞に取り込ませなければ、血糖値は上昇します。

また、肝臓に貯めてあったグリコーゲンからグルコースを作らせれば、

これも血糖値は上昇しますね。

さらに、糖質以外から糖を作らせれば血糖値が上昇することも分かりますね。

これらが血糖値を上げるホルモンの働きです。

 

血糖値を上げるホルモンはたくさんあります。

でも、今回1個は覚えましょう。

膵臓A細胞から出るグルカゴンです。

同じ膵臓から、血糖値を上げるホルモンも下げるホルモンも出ます。

対比させるためにも、

インシュリンとグルカゴンはしっかり覚えてください。

出る細胞まで間違えちゃだめですよ。

 

血糖値は、高すぎても低すぎてもいけません。

低すぎはイメージしやすいですね。

号令来てもご飯(グルコース)がなければ、細胞はお腹が減って動けません。

心臓だって、脳だって細胞ですから…動けなくなったらおしまいです。

では高すぎは?

ここについて、次回「糖尿病」のおはなしに入りましょう。