1 細胞と代謝:生命の最小単位(2)

細胞小器官(オルガネラ)のおはなし、スタート。

細胞の中の、役割分担のおはなしですね。

たくさん種類がありますが、

動物・植物両細胞に共通している核・細胞膜・細胞質からはじめましょう。

 

核は、遺伝情報を保管し、複製するところ。

遺伝情報は、体の設計図だと思ってください。

設計図は、DNAという素材に書いてあります。

DNAが主役のおはなしは、次章ですよ。

遺伝情報はとても大事なものなので、傷つかないように取っておきたいもの。

だから、2層の核膜で覆ってあります。

でも、必要なときに取り出せないのでは役に立ちません。

だから、核膜には核膜孔という穴が開いています。

核膜と核膜孔の必要性、ちゃんと理解してくださいね。

 

ここで、前回確認した原核生物を見てみましょう。

原核生物には、核がありません。

遺伝情報がない!…というわけではありませんよ。

特別に保護することなく、細胞内に情報が散らばっているのが、原核生物です。

しまい込んでいませんから、情報を使うことは簡単です。

でも、傷つく恐れは高まりますね。

そのため、1つの傷から遺伝情報の変化が起こりやすくなっています。

遺伝情報の変化には、いいことも悪いこともあります。

このあたりのおはなしも、次章にまわしますよ。

 

細胞膜は、細胞の中と外を隔てる膜です。

ただの膜ではありません。

細胞の外にある「必要なもの」を細胞の中に取り入れ

エンドサイトーシス)、

細胞の中にある「いらないもの」を細胞の外に出す

エキソサイトーシス)ができる、「生体膜」です。

イメージとしては、

家の中にいるのにドアや窓の開け閉めなく宅急便を受け取れて、

ゴミ出しまでできるようなものです。

このとてつもなく便利な細胞膜の正体は、

タンパク質と「ちょっと他のものがくっついた脂質(複合脂質)」

ただの脂質は水嫌いですが、

リン酸や糖がくっついた脂質は水・油どちらとも仲良くできる両親和性。

この両親和性になった脂質が、細胞膜の主成分です。

だからダイエット等で脂質(油分)を全くとらないと、

細胞自体をうまく作れなくなってしまうのです。

脂質からできているのは細胞膜だけではありません。

特に、あとから出てくるホルモンとは意外なほど関係があります。

ここを読んだあなたは、変な食事制限ダイエットをしないでくださいね!

 

また、細胞膜は「電気」を起こすときに大事な働きをしています。

その主役は、細胞膜にあるタンパク質。

ここについては、神経のところでおはなししますね。

細胞質というのは、細胞の中を満たしている液体

水が主成分ですが、水以外にもいろいろなものが溶けています。

ATPを作るときに必要なグルコースや、

カリウムイオン等のミネラルをイメージしてくださいね。

細胞にとって細胞質は内部環境そのもの。

細胞膜や細胞外環境(組織液などの細胞外液)の協力を得て、

細胞が生きていけるように維持しないといけません。

「細胞が生きること」イコール「ヒトが生きること」

環境を維持する「生体の恒常性(ホメオスタシス)」については、

神経と内分泌系のところでまとめて勉強しましょう。