8 各論3:体温(消化器系):小腸・大腸(2)大腸(2:下痢と便秘2)

下痢のときには「腸管保護」も大事です。

タンニン酸アルブミンをご紹介しましょう。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00009526

この薬は広がった腸管を適度に収縮させつつ、

表面に膜を張って粘膜を守ってくれます。

一般的な下痢に、広く使われますね。

 

禁忌は出血性大腸炎と牛乳アレルギーのある人。

出血性大腸炎は、

「O157:H7」に代表される病原性大腸菌による、出血を伴う大腸炎です。

ヒトの体に悪さをするのは、病原性大腸菌が作った毒素(主にベロ毒素)。

菌自体が悪さをするわけではないので、

抗生物質を飲んでも下痢はじめ症状は良くなりません。

しかも他の不具合が起こるリスク

(溶血性尿毒症症候群など)が上がってしまいます。

こんなときには、毒素(とそのもとになる菌)を

下痢で体の外に押し出してしまうしかないのです。

むやみに下痢を止めてはいけない理由です。

 

ウイルス性下痢の代表、牡蠣等によるノロウイルスも

同様に体外排出しかありません。

こちらは毒素ではなく、ノロウイルスの存在自体が

小腸上皮細胞をボロボロにしてしまいます。

とにかく「出してしまうこと」が全てです。

 

タンニン酸アルブミンの「アルブミン」は牛乳由来。

牛乳アレルギーのある人の体内に、

わざわざ牛乳タンパク質を入れてはいけませんね。

 

タンニン酸アルブミンの原則禁忌は細菌性下痢。

理由は…先程の出血性大腸炎のおはなしと同じです。

細菌を外に押し出す大事な手段を、止めてしまってはいけませんね。

 

では自律神経系異常の下痢だったらどうか。

腸管はじめ消化器系は、副交感神経系のコントロールを主に受けています。

大腸の腸管運動(蠕動)が活発すぎると、

水分を吸収する間もなく、便が通り過ぎていってしまいます。

ちょっと副交感神経系をお休みさせる必要がありそうですね。

 

こんなときに使うのがロペラミド(ロペミン)です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051670

副交感神経系副交感神経系の受容体に働いて、その活動を邪魔します。

結果、腸管の平滑筋が緩んで、水分を吸収する時間を作れることになります。

 

ちょっと補足しておきますね。

「腸管」と一言で言いましたが、小腸と大腸はかなり広いですよ。

いくら迷走神経が副交感神経系の消化管担当とはいえ、

やはり一人ですべてをこなすのは大変そうです。

だから、ヒトは腸管のコントロールを

神経の集まり(神経叢)にもしてもらうことにしました。

小腸と大腸の筋肉コントロール専門、アウエルバッハ神経叢です。

アウエルバッハ神経叢には、

迷走神経からの情報を受け止めるところがあります。

今回のロペラミドが働くμ受容体がその一例。

ロペラミドの副作用に嘔吐や口内乾燥といった

消化器系抗コリン作用が出ることからも、

迷走神経(副交感神経系)との関係が分かるはず!

 

ロペラミドは、「オピオイド受容体作動薬」とも呼ばれます。

オピオイドは、鎮痛・陶酔作用を持つアルカロイドと呼ばれる化合物のこと。

ケシの実由来の天然物から、人工的に作ったもの、

ヒト体内で作られているものまで多くの物を含む言葉です。

これについては、「呼吸」ブロックの中枢…

多分、麻酔のところで出てくるはずです。