2 細胞分裂:自分が自分でいるために(1)

細胞について理解が進んだところで、

細胞分裂の勉強に入りますよ。

単細胞生物にとって、

細胞分裂は自己を残し、増やす手段になります。

多細胞生物にとっても、

細胞分裂は自己を残し、殖やす手段になります。

「自己を残す」が体細胞分裂で、「殖やす」は減数分裂ですね。

 

少し補足しておきましょう。

私たちの体は、一度完成したら終わりではありません。

すぐに寿命を迎える細胞がいますし、

常に新品に置き換えておきたい細胞もいます。

だから目に見えないところで、日々細胞は分裂し、

生まれ変わっているのです。

交代のサイクルが早い細胞の代表は、

「舌の味蕾」「小腸上皮細胞」「赤血球」。

味蕾は受ける刺激が多くてすぐに傷むから。

小腸上皮細胞は常にフルパワーで栄養を吸収したいから。

赤血球は酸素を運ぶ重労働で傷んでしまうから。

この3か所は、細胞分裂ができないとすぐに悪影響が出てきます。

受精卵からヒトができるまでの「発生」段階で、

細胞分裂が必要なことは言うまでもありませんね。

また、生殖(自己の種を残すこと)は、生物にとって最重要事項。

うまく子孫を残すためには、特殊な細胞分裂が必要です。

だから、一度体を完成させた多細胞生物にとっても、

細胞分裂は不可欠なのです。

 

ここでは、先に細胞分裂に必要な「DNAの複製」をおはなしします。

「細胞分裂」については、その後のおはなしです。

 

DNAというのは、核の中に入っている設計図のこと。

設計図には、祖先から受け継いだ遺伝情報が書いてあります。

でも、核の中をぐぐっと拡大してみても、

そのままではどんな情報が書いてあるか分かりません。

DNAは核の中で散らばって存在していて、

しかもその情報が暗号で書いてあるからです。

散らばって存在している状態が「染色質」

酢酸カーミンの赤紫色に染まるから、染色質です。

細胞分裂直前に見えるのは、

染色質がぎゅうぎゅうに集まった「染色体」。

染色体はいびつなX字型(ものによってはV字型)に見えます。

ヒトの染色体は全部で46本

男女共通の常染色体は1~22番のペアになっていて、計44本。

性染色体は男性でXY、女性でXXとなっています。

染色体のおはなしは、ひとまずここまで。

先にDNAの「暗号」のほうに注目しますよ。

 

DNAの暗号を知るためには

「セントラルドグマ」を知っておく必要があります。

直訳してしまうと「中央教義」。

「…なにそれぇ?」ですよね。

3つのプロセス(段階)があって、

それを全部まとめて「セントラルドグマ」と呼んでいます。

プロセスの名前は「複製」「転写」「翻訳」です。

 

次回から、プロセスの中身を見ていきますよ。