4 神経系と内分泌系:守るためには指揮命令(8)

交感神経系は活動モード担当でした。

だから、日中の活動時間帯が優位。

副交感神経系はリラックスモード担当でしたから、

睡眠時間中に優位になればいいですね。

この優位スイッチの切り替えがうまくいかないと、

夜に眠れず昼に眠い…という困った状態に。

 

交感神経系と副交感神経系はすべて反対か。

そんなことはありません。

例えば通るルート。

交感神経系は脊髄から出て、すぐに交感神経幹に入ります。

そこから行先ごとに神経節に入って、

それぞれの担当器官へと向かっていきます。

副交感神経系は脊髄を出たら、いきなり神経節。

そこからすぐに担当器官に向かいます。

「交感神経系は交感神経幹に入り、副交感神経系は入らない」

これが大きな違いですね。

副交感神経系は担当器官の近くから出ているので、

中継地点不要なんだ、と思ってください。

 

お次に神経伝達物質について。

交感神経系と副交感神経系は、

途中まで同じ神経伝達物質(アセチルコリン)を使っています。

前回名前の出た「モノアミン」の一族です。

交感神経系がアセチルコリンを使うのは神経節まで。

そこから先はアドレナリンやノルアドレナリンに交代です。

副交感神経系では最後までアセチルコリンを使います。

同じものを使うのに、

真逆の働きを担当するのは変な感じですか?

情報の伝わり方は、受け止め方によって変わります

例えば、交感神経系の受容体にはα1、β1、β2があります。

交感神経系は、活動モード。

β1がアドレナリンを受け止めると、

心臓機能が亢進(早くしっかり動く)。

β2がアドレナリンを受け止めると、

気管支と血管が拡張します。

空気の通り道を広げて、酸素を十分に肺胞から取り込めるように。

酸素を取り入れた血液を、早く全身細胞に届けるために。

でも…血管は広がりすぎると血圧が下がり、

逆に全身に十分な血液が届かなくなってしまいます。

そこでα1受容体。

α1がアドレナリンを受け止めると、血管を収縮させます。

適度に血管を収縮させることで、

ちゃんと活動に適した状態を維持してくれるのです。

 

副交感神経系の受容体にもたくさん種類がありますが、

ムスカリン性アセチルコリン受容体がメインになります。

 

受容体にはまり込むものは1対1対応ではありません。

ムスカリン性アセチルコリン受容体は、

ムスカリンもアセチルコリンもはまることができます。

どちらがはまっても副交感神経系の受容体でしたから

リラックスモード突入ですね。

 

以上、すごく簡単に自律神経についておはなししました。

脳による意識的な働きについては、

解剖生理学等で勉強してくださいね。

 

次回からは水分、ミネラルのおはなしに入りましょう。

細胞の体外環境を保つために、避けて通れないところです。

神経細胞内の情報伝達に使われる「電気の作り方」も

ミネラルについて勉強すると分かるようになりますよ。