9 ヒトを取り巻く環境(3):生態系(9)

「二酸化炭素が温室効果の原因なら、

どんどん植物に吸収してもらえばいいんじゃない?

簡単でしょ?」

植物の光合成を勉強してきた皆さんは、

すぐにこう思いつくはず。

でも、ここにもヒトの行動の悪影響が出てきてしまいます。

森林破壊です。

 

住む場所を増やすため、農地を増やすため。

各種の目的でヒトは森林を切り開いてきました。

それが生態系の復元力を上回ると、植物が元に戻りません。

森林程効率よく二酸化炭素を吸収してくれる植生はありません。

つまり、二酸化炭素の吸収量がガクンと減ってしまうのです。

しかも森林を住みかとしていた動物も行き場を失い、

生態系が別なものへと変化していってしまうのですね。

 

森林破壊や温室効果による特定種の絶滅も重大ですが。

もっと直接的に(ヒトの活動の結果)

特定種が絶滅してしまう(絶滅生物)こともあります。

リョコウバトが有名ですね。

大群で移動する(「渡り」をする)もののヒトへの警戒心が低く、

肉も食用として重宝されました。

インディアン等の先住民は一定以上を狩らない

(季節によって狩りの可否を決める等)ため、

その生態系は守られていました。

 

しかし北米への入植が進むと、食用・衣類用(羽布団)等

各種目的に合致したリョコウバトは次々と狩られ、

「保護が必要」と分かったときには

もう自然界で種を保存できる状態ではありませんでした。

 

また、絶滅まではいかずとも、

生物種の構成を変えてしまうヒトの活動もあります。

「外来生物」という言葉を聞いたことがあるはずです。

意図的に、ときには全く意図せずに、

ヒトの活動によって本来の生息地以外で定着した動物が外来生物。

たいてい本来の生息地以外には天敵や競争相手がいないため、

増殖しやすくなっています。

すると、従来の生態系のバランスが崩れますね。

本来そこにいた生物(在来生物)が競争に負けて、

ごくわずかしか残らない(ときには絶滅する)こともあるのです。

 

イメージしやすいのがタンポポ。

道端にあるタンポポのがく(花の下)を見てください。

くるりと反り返っているのがセイヨウタンポポ(外来生物)。

がくが反り返っていない(花の下が丸い)のが

従来から日本にあるカントウタンポポ(在来生物)です。

おそらく、カントウタンポポはなかなか見つからないはず。

セイヨウタンポポの増殖で競争に負けてしまったせいです。

 

まだ「セイヨウ」や「アメリカ」と付いていれば

どれが外来生物か分かりますが…。

名前だけではもう外来生物か分からないものもたくさんあります。

「身近な生物は外来生物だった?!」なんてことは

決して珍しくないのです。