2 性感染症(STD)のおはなし(10)

今まではTORCHのおはなしをしてきましたが、

TORCHだけが性感染症ではありません。

トリコモナス原虫のおはなしをしましょう。

 

「原虫」とあるように、

トリコモナスは細菌でもウイルスでもありません。

もっと大きな、「虫」に近い存在です。

他に有名な原虫といえば「マラリア原虫」がいますね。

それなりに大きく、

細胞内に入りこむのではなく粘膜表面にしがみついています。

トリコモナス原虫にとっては、

尿道は尿の勢いが強すぎて暮らしにくい場所。

膣は分泌液の流れが弱く、暮らしやすい場所になります。

だから女性の膣内で繁殖し、

「トリコモナス膣炎」を引き起こすのです。

 

トリコモナス膣炎になると、

おりもの(帯下)が泡立ち、異臭がします。

性交時以外にも違和感やかゆみが出てきますよ。

場所が近いので、尿道にも感染することがあります。

そのときには尿道炎を起こして排尿痛が出てきます。

 

男性も感染しますが、男性では無症状が多いですね。

原虫がしがみついたところで、

大部分は尿で流されてしまうためでしょう。

ただ、無症状ゆえに

パートナーとの間でうつし合うこともあります(ピンポン感染)。

治療は、可能な限りパートナーと一緒に行う必要がありますよ。

 

トリコモナス膣炎・尿道炎自体は

胎児に悪影響を及ぼすものではありません。

でも、女性では腹腔内に感染が進むと

不妊症を引き起こす可能性があります。

いざ子供が欲しいと思ったときには、

「妊娠できない(もしくはすごく妊娠しにくい)状態になっていた!」

なんてことにならないように!

 

今、感染しているならしっかりと治療を受けましょう。

出された薬を、正しく使うことです。

不快な症状がなくなったからといって、

途中でやめてはいけませんからね。

 

予防方法としては、毎度おなじみコンドームですね。

性行為以外にも感染可能性はありますが、

日本で通常の日常生活環境下なら、

せいぜい家族内のバスタオル共用に気を付けるくらいです。

あとは母子感染(出産時経腟)の可能性もありますが、

感染さえ分かっていれば帝王切開で対応できますね。

 

他にも性感染症のおはなしは続きますが…次回は1回おやすみ。

YouTubeで始まる、

「きそのき解剖生理学」のお知らせです。