10 脳神経系のおはなし(3)変性障害と異常の結果(1)

1 神経変性疾患

神経細胞それ自体がおかしくなってしまうのが、

神経変性疾患。

パーキンソン病、アルツハイマー病、

ハンチントン病、脊髄小脳変性症、

筋委縮性側索硬化症、

球脊髄性筋萎縮症等がここに含まれます。

情報がうまく伝わらないだけでなく、

判断・命令のところもおかしくなってしまいます。

それゆえ、今まで以上に症状が広範囲にわたり、

どうしても理解の難易度が上がってしまいます。

特定の場所がおかしくなるなら、そこの働きに注目。

全体的におかしくなる病気については、

「特にどこに症状が出やすいか」を

意識すると分かりやすくなりますよ。

 

(1)パーキンソン病・アルツハイマー病

A パーキンソン病

パーキンソン病は、中脳黒質から線条体に向かう

ドーパミン作動性神経細胞が変性する病気。

線条体は大脳基底核にある「運動担当」の部分です。

50代から発症し、加齢で増加していく傾向にあります。

大脳基底核にある線条体やその内側に位置する被殻・尾状核、

中脳にある黒質でもドーパミンが減っていってしまいます。

黒質はメラニン色素が多くて黒く見えるので、

「黒質」ですよ。

 

ドーパミンは、神経伝達物質の1つ。

ドーパミンで情報を伝達する細胞が担当する仕事の多くは

「運動の命令」です。

だからパーキンソン病の四徴は、

「振戦」「無動」「筋強剛」「姿勢反射障害」のように

動きに関係したものになります。

6~7割にでるのが静止時振戦(安静時振戦)。

安静にしているときに手や足が震えるもので、

パーキンソン病に特徴的な振戦です。

やがて他の症状も出て、

5年ほどで嚥下障害、発汗障害、便秘・排尿障害等が出てきます。

無動はすぐに動き出せない「すくみ足」に代表される状態。

筋強剛は、

外から力を加えて屈伸させようとすると抵抗を感じること。

姿勢反射障害は、立っている状態からすこし肩を押すと、

突進したり、倒れてしまったりすることです。

主に「ドーパミンの一歩手前(レボドーパ:L-DOPA)」を

使う薬物療法になりますが、

長期使用で「ジスキネジア」と呼ばれる副作用が出てきます。

ジスキネジア自体は不随意運動を指す言葉です。

薬によって生じるものは「遅発性ジスキネジア」と呼びますね。

パーキンソン病の治療時に出てくる遅発性ジスキネジアは、

痙性の強い(手足が突っ張る)、

四肢や頭部の舞踏様の動きが見られます。

治療を始めて、数年して出てくる症状ですよ。

手術対応なら、DBS治療や高周波凝固などの方法があります。

 

原則として、進行が止まるものではありません。

うまい付き合い方を

本人・家族と一緒に考えていく必要があります。

どうしても便秘は出てきますので、

必要に応じて浣腸や緩下剤は必要。

水分は取る必要がありますが、

排尿障害のことも考えると夕食後は控えめに。

発汗障害で体温調節がうまくいかなくなっていますから、

こまめな衣服・温度調節も必要ですね。

嚥下障害は誤嚥性肺炎につながりますから、

生活の質に直結すると思ってください。

運動命令がうまくいかないため、転倒しやすい状態です。

ベッド柵やリハビリ靴等、

本人と相談の上使いやすいものを選んでください。

精神のところでも出てくることですが、

加齢と病変だけが全てを左右するものではありません。

環境は、とても大きな要因です。

不眠や過眠、抑うつが疑われるときには、

会話の重要性を思い出してくださいね。

また、全国に患者会がありますので、

積極的に情報を提供してください。

身体機能状態によっては身体障害者手帳の対象ですから、

うまく活用して活動の場を広げてください。