6 総論:個人(?)レベルの侵入を減らす方法(1)

個人(?)レベルの侵入予防として

「消毒・滅菌」と「スタンダード・プリコーション」のおはなしです。

医療職を目指す皆さんには、どちらも大事!

重要性を十二分に意識してほしいので、

先に「消毒・滅菌」のおはなしをしますからね。

 

「消毒」という言葉は、ごく日常的に使われています。

かたや「滅菌」の方は、

かなり意識しないと日常生活で見つけられないと思います。

この違いを、最初に確認しましょう。

 

まず、滅菌というのはそこにいるすべての微生物を殺すこと。

「全て」ですから、これなら微生物の侵入を心配しなくてもいいですね。

大事な防壁の皮膚や粘膜に傷をつける「手術等」のときには、

可能な限り滅菌したものを使いたいところです。

 

微生物の中で一番丈夫(殺しにくい)ものは「プリオンタンパク」。

…これを微生物かといわれると微妙なところではありますが、

少なくとも

「病気(クロイツフェルト・ヤコブ病)のもとになる有機物」なので

滅菌対象に入れておきますよ。

プリオンタンパクを滅菌するには

132℃で1時間、高い圧力をかける(高温蒸気滅菌法)必要があります。

 

でも「一般的な滅菌」ではそこまでの条件は必要になりません。

121℃、15~20分、2気圧で十分です。

この一般的な滅菌は「芽胞を殺せる」のが大事なポイントです。

 

芽胞というのは、特定の1つの菌を指す言葉ではありません。

各論のところでおはなししますが、

特定の細菌(桿菌の、グラム陽性菌で、嫌気性菌)が

休眠形態として作る丈夫なカプセルが「芽胞」。

増殖に適した環境になると、休眠から覚めて本来の細菌の姿に戻ります。

手術などで体の中に侵入してしまったら…

増殖に適した環境(温度、水分、栄養オーケー)になってしまいますよね。

だから「(手術のように)身体侵襲を伴う」ときには、

「芽胞を殺せるか」が大事なキーワードになるのです。