10 各論5:体温(感染・免疫):⑥ワクチン(予防接種)(2)

法定ワクチンの中身ですね。

ヒブ(インフルエンザ菌b型)、肺炎球菌、

DPT-IPV、BCG、MR、水痘、日本脳炎、子宮頸がんワクチンです。

 

インフルエンザにはウイルス性だけでなく

細菌性のものがあること、これで分かりますね。

途中の暗号めいたアルファベットの中で、

BCGは結核菌のワクチンということは分かるはず。

DPT-IPVは4種混合。

ジフテリア菌、百日咳菌、破傷風菌、そしてポリオ(急性灰白髄炎:ポリオウイルス)です。

MRというのは、麻疹ウイルスと風疹ウイルスのことですね。

 

「破傷風菌は芽胞を作ると退治が大変だからかな。

あれ?ディフィシルとボツリヌス菌は?」

 

ボツリヌス菌は飲食物で、かつ、空気に触れないところで増える嫌気性菌です。

時々殺菌が不十分だった

缶詰や真空パック食品で問題になることはありますが、普段の食事で心配はいらないはず。

ディフィシルは腸の中にいますが、ごくマイナーな菌なので、普通は悪さをしません。

悪さをするとしたら、腸内菌叢が大変化してしまった…

抗生物質による「偽膜性大腸炎」ですね。

 

子宮頸がんは、現在唯一の

「ワクチンである程度予防できる」がんです。

原因になるヒトパピローマウイルスのワクチンですね。

でも注意。

「子宮頸がんは100%ヒトパピローマウイルスのせい」ではありませんよ。

このウイルスは、皮膚に出来る「いぼ」と

粘膜に出来るいぼ(尖圭コンジローマ等)の原因でもあります。

 

これらワクチンは、必要に応じて接種することが大事。

海外旅行のときには、現地に合ったワクチンの追加接種が必要です。

流行の兆しがあるときには、

感染すると大問題の医療職従事者は早めにインフルエンザワクチンを接種です。

 

そして改めて注意。

これらワクチンは「異物を体の中に入れる」ことそのものです。

だから「現在何かに感染中の人」や体調が悪い人、

妊娠中の人はワクチン禁止です。

特に法定ワクチンは無料期間が過ぎそうになると

「多少の熱や鼻水ならいいか!」と無理をする接種希望者が増えがちです。

 

でも、体内免疫状態が悪いときに異物が入ってきては、

いらぬ大苦戦を強いられる可能性があります。

そもそも「体の中は一次応答状態!」ということを忘れてはいけません。

 

ワクチン(特に法定ワクチン)を受けないことは、とても危険なことです。

何のために「副作用があると分かっていますが、

一定期間無料にしますのでワクチンを受けてください」と法律で決めたのか。

微生物学や病態学等で、

対象になっている菌・ウイルス(や病気)を確認してみてください。

そうすれば、ワクチンの意味と必要性が理解できるはずですよ。