8 各論3:体温(消化器系):肝胆膵(3)肝臓・代謝異常(5:痛風3)

コルヒチンのおはなし。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00058355

まずは禁忌確認から行きましょう。

妊婦・妊娠可能性のある人。

肝臓又は腎臓に障害があって、この薬と同じ分解酵素で分解される薬を使っている人。

あとは過敏症の人ですね。

 

「妊婦・妊娠可能性のある人」のところに、

「家族性地中海熱の場合を除く」とありますね。

家族性地中海熱は常染色体劣性遺伝の、腹膜炎に代表される炎症性疾患。

インターロイキンに関係があると考えられている病気です。

コルヒチンは白血球が仲間を集めるインターロイキンを

邪魔するお薬だから、家族性地中海熱に使われるのですね。

動物実験では、量に比例して催奇形性があると報告されています。

 

「同じ分解酵素で分解される薬」は、抗生物質をはじめいろいろあります。

添付文書の併用注意の欄を見ていくと…

下の方にグレープフルーツジュースの文字があります。

グレープフルーツの果汁には、

特定のチトクロームP450の働きを邪魔する働きがあります。

邪魔されるものが他の薬でも使われる分解酵素であることから、

「グレープフルーツジュースと一緒に飲まないでください」と言われることが多いです。

 

…そのせいがあったかどうかは分かりませんが、

近年はグレープフルーツ自体を目にする機会が減りました。

もし目にする(もしくは口にする)機会があったら、

「ああ、痛風薬コルヒチンはじめ併用注意…」と思い出してくださいね。

 

以上が、尿酸代謝異常の痛風に使う薬のおはなし。

タンパク質代謝と全くの無関係ではありませんが、

ヒトでは「核酸代謝」の結果であることをお忘れなく!