8 各論3:体温(消化器系):小腸・大腸(2)大腸(3:下痢と便秘5)

便秘の解消法、腸管刺激はどうするか。

副交感神経系をただ刺激するだけでは、血圧はじめ全身に影響が出てしまいますね。

だから、物理的に腸管を刺激してみましょう。

 

例えば、二酸化炭素を大腸で発生させる

「炭酸水素ナトリウム・無水リン酸二水素ナトリウム(レシカルボン)」坐薬。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00010532

…ここで化学式を出すと頭が痛くなるので、省略。

「坐薬が溶けたら二酸化炭素が出る!その気体の圧力で結腸を刺激する!」

これで十分です。

坐薬を肛門に入れないと意味がない理由、

例えADME(吸収・分布・代謝・排泄)を学ぶ前でも

これならすぐに分かりますよね。

 

気体ではなく、液体で刺激する方法もありますよ。

ヒマシ油を紹介します。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00005191

サラダ油、オリーブオイルと同じ、液体の油(脂質)です。

体内で脂質分解酵素リパーゼに分解されて、

グリセリンとリシノール酸に分かれます。

ここ、生化学の脂質代謝の復習そのものですね。

ここでできた「リシノール酸」が、腸を刺激してくれるのです。

便秘の解消だけでなく、食中毒時の内容物排除、

腸管の手術や検査前にも使われますね。

 

禁忌は急性腹症とけいれん性便秘。

急性腹症による下痢は原因究明が第一。

刺激が多すぎて腸管全体としてまとまって収縮できていない

けいれんによる便の滞留時に、

更なる刺激が加わってしまっては手が付けられません。

また、あまりに便が硬くなった重症硬結便には

そもそも効かないため禁忌ですね。

 

あと、脂溶性の薬や毒物吸収を促進してしまうためこれも禁忌になります。

ナフタレンは殺虫剤、

リン(燐)は農薬やマッチ、殺鼠剤(ネズミ駆除剤)に含まれていますね。

ヘノポジ油というのは、線虫や鈎虫といった寄生虫の駆虫剤。

メンマというのは生薬の綿馬根(めんまこん)のことで

条虫(サナダムシ)の駆虫剤です。

この辺りは微生物学の「寄生虫」で確認してくださいね。

 

もう1つ注意が必要なのが、使用上の注意のところにある

妊娠・妊娠可能性のある人、授乳中の人。

子宮収縮を誘発して、流早産の可能性があります。

また母乳に移行して、乳児に下痢が出てしまいますよ。