8 各論3:体温(消化器系):小腸・大腸(2)大腸(3:下痢と便秘4)

下痢のおはなし一段落。

便秘のおはなしに入ります。

便秘は腸管の中に便が滞在しすぎて、便の水分が少なく(硬く)なったもの。

「水分を含ませる」か「腸管に刺激を与えて動いてもらう」で、

便秘を解消できそうですね。

 

便に水分を多く含ませる薬の例がラクツロース(モニラック)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051628

「ぎゅうぎゅうすかすか(浸透圧)」を利用して腸の中に水分を移動させます。

さらに腸内細菌が分解しやすいものを含んでいるので、

腸内細菌の働きでpHが下がり(酸性になり)ます。

そのせいで腸内環境が良くなり、

できてしまったアンモニア(水に溶けてアルカリ性)も

pHを動かす暇なく中和されていきます。

水分も、腸内細菌もめでたしめでたしです。

 

ラクツロースの禁忌はガラクトース血症の人。

「腸内細菌の分解しやすいもの」としてガラクトースも含まれているからですね。

ガラクトース血症は、ガラクトースを代謝(分解)する酵素が

変な形で遺伝してしまったもの(常染色体劣性遺伝)。

適切な治療をしないと生きていけないので、新生児スクリーニングの1つです。

そんな人に分解できないガラクトースを体の中に入れてしまってはいけませんね。

 

ガラクトースをはじめ糖が含まれる…ということで、

糖尿病の人には慎重投与になりますよ。

 

水分を便に加えつつ、膨張して腸管に刺激を与える薬の例が、

カルメロースナトリウム(バルコーゼ)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00059947

水分を含んで、

粘り気のあるぺとぺとした状態(粘性コロイド)になります。

ヒトはこれを消化できないので、

便の中や周りに水分が保持されてつるりと出しやすい便になるのですね。

 

禁忌は急性腹症と重度の硬結便の人。

どちらも症状が悪化してしまう恐れがあるからです。

あまりに便塊が大きくなり硬くなってしまった後では、

薬で水分を補ってもどこにも動けません。

さらに周囲を圧迫してしまったら、症状が悪化してしまいますね。

 

急性腹症は、急に発症して激しい腹痛を伴い、

すぐに診断・治療・手術が必要なもののこと。

穴が開いてしまった穿孔や

虫垂炎・胆嚢炎・膵炎(と胆石等)の重度炎症、

腸重積やヘルニア嵌頓・複雑イレウス等が含まれます。

大動脈解離や瘤の破裂、子宮外妊娠破裂のように

消化器系とは関係ないものも含まれることに注意です。

これらのときには、すぐに原因判明させること。

何も考えずに便の不具合解消を図ってはいけない…ということは

下痢のところでしっかりと勉強しましたよね。