きそのき解剖生理学、始まります!

YouTubeで「きそのき解剖生理学」がいよいよ開講です!

…ここをいつも見てくれている皆さんには

いかんせん目新しくないかもしれませんが、

結構斬新な解剖生理学講義動画だと思いますよ?

今回は「きそのき解剖生理学」の広報をさせてもらいますね。

 

まず「解剖生理学なのにぐろくない」!

これ、すごく大きなポイントです。

多分、大学や専門学校で使う解剖生理学の教科書

(もしくは参考書)は、それなりにグロテスクなはずです。

そうなってしまう理由は、

「最初から皆さんに正確な知識を身につけてもらいたいから」。

…でも、「最終的に」正確な知識は必要ですが、

最初に「あのグロさ」を出す必要はないと思うのです。

それよりは、最初は親しみやすい

(どちらかといえばシンプル・かわいい)ほうが

理解は進むはず…ということで、

「きそのき解剖生理学」ではグロさを可能な限り排除しました。

 

次に「全体構造重視」。

細かい専門用語よりも、

普段使っている言葉遣いをできるだけ優先しています。

もちろん、覚えないといけない(国家試験に出る)

専門用語は使わせてもらいましたよ。

でも、イメージしやすい言葉を使って、

「これはどうなっているのかな?」を思い浮かべやすくしてあります。

だって、言葉だけを知っていても

目の前にいる人の状態を理解できなかったら、

看護師(もちろん他の医療関連職も)としてやっていけません。

実習は知識と事実をつき合わせる場所…としても、

その前から状態を一致させることができれば

それに越したことはありません。

 

「…それって、このブログの解剖生理学と同じ?」

 

はい、その通り。

このブログの内容がそのまま講義になったと思ってくれて結構です。

もちろん、講義としてまとめた以上、

多少省いたところはありますよ。

講義ノートはもう販売していますから、

どこが違うか確認してみてもいいですね。

もちろん、動画とつき合わせながら確認するのもありですよ。

 

毎週1回、15~20分ほどの講義予定です。

これくらいなら、負担にならずに見てもらえると思います。

チャンネル登録をすると、

毎回新動画到着のたびに知らせてくれるので楽ですね。

チャンネル検索も「5948chiri」でバッチリです。

「黒柴ちり」が、目印ですからね。

 

 

(下のQRコードはYouTubeチャンネルの案内です。

もしよろしければご利用ください。)