5 脳神経系と内分泌系のおはなし(10)

自律神経系の通り道と伝達物質のおはなしです。

 

通り道…?「それぞれの神経」じゃないの?

 

たしかにその通りなのですが。

最初に結論。

「交感神経系は交感神経幹を通り、副交感神経系は神経節しか通りません」

交感神経系は脊髄をはじめとする中枢を出た後、

交感神経幹と呼ばれるところに入ります。

イメージとしては、交感神経幹はバスターミナル。

バスの発着所はある程度まとまっている方が便利ですよね。

中枢はバスの倉庫兼営業所(保管・管理をするところ)と思ってください。

交感神経幹を出た交感神経は、神経節に入ります。

こちらはもっと狭い目的地ごとに分かれています。

観光地の近くにある少し大きなバス停集合地です。

神経節を出た交感神経は目的の器官へ向かいます。

 

副交感神経系はどうかというと。

脊髄等の中枢(バスなら営業所)から出て、いきなり神経節です。

営業所自体が観光地の近くにあればよいのですが…そうもいかなかったようですね。

神経節から出たら目的の器官に向かうところは、交感神経系と同じですよ。

 

ここで覚えておくとよいのが、副交感神経系の「迷走神経」

胴体(胸部・腹部)の器官のほとんどをカバーする副交感神経です。

名前のせいで何をしているのか分かりにくく、損している「迷走神経」ですが…。

消化器系のフルパワーモードは副交感神経系優位状態。

消化器系(胴体器官)をカバーする副交感神経系の「迷走神経」が、

「4 消化器系」の活動をコントロールしてくれているのです。

しかも、意識的命令不要の、自律的に。

とても大事な神経であること、分かってくれますよね。

 

神経幹・神経節のおはなしができたので、今度は神経伝達物質のおはなし。

かたや興奮担当、かたやリラックス担当。

全然違う神経伝達物質を使っているんだろうな…と思いきや。

実は、途中まではどちらも「アセチルコリン」です。

神経節から先は、

交感神経系はアドレナリンやノルアドレナリンを使います。

副交感神経系はそのままアセチルコリンを使い続けます。

途中までとはいえ、同じもので正反対の情報を運ぶのは驚きですね。

さらに、同じ神経系で同じ神経伝達物質を使っても、

違う働きが出ることもあります。

これ、全部「受容体」のせいです。

「受容体」というのは、文字通り受け止めるところ。

神経伝達物質を受け止めるところの違いが、

伝わる情報の違いになり、働きの違いになります。

少し長くなるので、次回続きを説明しますよ。