おいしくたのしく生化学6(1):レシピ付き

2019年5月2日

四季のスープのトリは秋のキノコスープです。

たくさんの種類のキノコを

入れれば入れるほどおいしくなるスープですが…

アレルギーの人は残念ですがパスしてくださいね。

 

材料はシイタケ(あれば干し椎茸)2~4個。秋のスープ

マイタケ・しめじ・エノキを1/2~1パック。

エリンギ1本、きくらげ1~2個。

ニンニク少々(チューブもオーケーです)。

塩コショウとのり(刻み海苔)、

ごま油とオイスターソース、水です。

 

作り方は➀~⑥です。

➀ 干し椎茸は、水やぬるま湯で袋の指示通りに戻します。

戻した後、汁を捨てずにとっておいてください。

戻した椎茸は少し厚目の薄切りにします。

(生シイタケなら、切るだけですね)

他のキノコも洗わずに(根元を切って)、

食べやすい大きさに切って(またはほぐして)おいてください。

 

② ニンニクを細かく切り、

(チューブなら小指の爪先ほど出して)、鍋に入れます。

ごま油大さじ1を入れて、

弱火で香りが強くなるまで温めます。

 

③ キノコを鍋に入れて、油を全体になじませます。

 

④ 油がなくなってきたら、

シイタケの戻し汁を加えて5~10分煮ます。

生シイタケを使ったときには、

キノコが浸るくらいの水を入れて同じように煮てください。

 

⑤ 少し冷ましてから、

味を見つつ塩コショウで味を調えます。

おそらく、干し椎茸を使ったときにはこれで十分です。

生シイタケを使ったときには少々物足りない可能性があるので、

オイスターソースを加えてもかまいませんよ。

 

⑥ 食べる直前に海苔をちぎって加えます。

きざみのりなら、かけるだけですね。

 

以上です。

たかがきのこと侮るなかれ。

キノコだけでも、結構おいしいスープですよ。

少々手間でもキノコは多いほうがいいので

「キノコミックス」等のパックを狙ってみてください。

多少多くても、キノコは冷凍できますからね。

食べやすい大きさにほぐしてから

冷凍しておいてください。

次回、栄養分の説明をしますよ!