おいしくたのしく生化学6(2)

2019年5月2日

キノコスープの栄養は、ビタミンDが支えてくれます。

しいたけ、きくらげ、エリンギ…

みんなビタミンDがたっぷりです。

ビタミンDはカルシウム吸収に深く関係していましたよね。

カルシウムは全身細胞のあちこちで働いていることも、

生化学で勉強した通りです。

それだけではありませんよ。

きくらげとエノキには鉄分も含まれていますね。

鉄と言えば、赤血球のヘモグロビンの成分。

本当は動物由来の鉄分の方が吸収率はよいのですが、

少しでも食べる機会が多いことに越したことはありません。

 

エリンギやしめじ、マイタケ、エノキはビタミンB群が豊富です。

ビタミンB群は補酵素…でしたね。

しめじはその中でもナイアシンを含んでいます。

ナイアシンは、セロトニンやメラトニンの材料。

セロトニンやメラトニンは、

睡眠と活動のリズムに欠かせません。

「夜、よく眠れない…」

「昼間眠くてダメダメ…」なんて人!

生活リズム改善が大事なことは言うまでもありませんが、

もしかして、ナイアシンが不足していませんか?

アミノ酸のトリプトファン不足でも、

セロトニンやメラトニン不足になる危険性がありますよ。

長期的・慢性的トリプトファン不足は、

皮膚と粘膜に大ダメージの「ペラグラ」が出るかもしれません。

まいたけとエリンギには、葉酸が含まれています。

まいたけには亜鉛も含まれていますし、

海苔のおかげでビタミンB12も補給オーケーです。

これなら、舌の味蕾もどんどん生まれ変われますね。

おいいしいものをおいしく味わえる。

これって、とても幸せなことですよ。

ぜひビタミンB12と葉酸、亜鉛はセットで取ってくださいね。

次回はマグカップスープレシピの紹介です。