14 各論8:ウイルス(2)RNAウイルス(2)

B デルタウイルス属

肝炎のおはなしから少々脱線しましたね。

肝炎ウイルスのおはなしに戻りますよ。

D型肝炎ウイルス(HDV)のいる、デルタウイルス属です。

 

D型肝炎ウイルスは変なウイルスで、

自分1人だけでは細胞に感染しても増殖できません。

B型肝炎ウイルスと一緒に感染することで、初めて悪さをするウイルスです。

血液感染なので、注意点や感染症法上の扱いは

B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスと一緒。

成人になってから初感染(HBVとHDV同時)だと、

単に急性肝炎を発症してそれで終わることが多いです。

ただし、先にB型肝炎ウイルスがいる(B型肝炎発症中やキャリアー)だと、

HDVもキャリアー化し、劇症肝炎を起こしやすくなってしまいます。

D型肝炎ウイルス固有のワクチンはありません。

HBVワクチンで予防が一番。

B型肝炎ウイルスキャリアーになってしまったら、

いつも通りですが、スタンダードプリコーションですよ。

 

C ヘペウイルス科

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、

D型肝炎ウイルスは血液感染する肝炎ウイルス。

残り2つは経口感染するウイルスです。

先にヘペウイルス科のE型肝炎ウイルスについておはなししますね。

 

E型肝炎ウイルスは、エンベロープなしの正二十面体。

感染者の便で汚染された水や食物による経口感染です。

肝臓でウイルスが増えて、

胆汁と一緒に腸管に出るから「便に出る」のですね。

E型肝炎ウイルスは豚や鹿にも感染するため、

「加熱不足の肉や内臓から…」というのが日本での感染パターンです。

多くは不顕性感染で済みますが、急性肝炎を起こすこともあります。

特に妊婦や高齢者では重症化しやすいので要注意です。

ワクチンも有効な治療法もありませんので、

やっぱり海外では生水・生食禁止ですよ。