数字なんか怖くない!:酸素ボンベの計算(2)

2018年7月7日

酸素ボンベの残量が分かれば、

あとは何分持つかの問題ですね。

 

これは設問に指示があるはずです。

「この患者さんは毎分2リットルで~」とか、

「酸素3ℓ/分吸入」などなど。

指示を確認したら、比例の式です。

 

例えば、毎分2ℓの指示が出ている人のところにあった酸素ボンベ。

残量を計算したら酸素は150ℓ入っていました。

何分持ちますか?

 

比例の式は… 1分:2ℓ=何分:150ℓ  ですね。

何分×2ℓ=1分×150ℓ       2ℓで両辺を割って…

何分=1分×150ℓ/2ℓ

何分=75分            はい、できました。

 

1分:何分=2ℓ:150ℓでも、解けたよ!

 

オーケーです。

「毎分」が「1分あたり(どれくらい)」と分かれば難しくありませんね。

 

では、酸素ボンベ残量450ℓ、3ℓ/分吸入なら、何時間持ちますか?

「3ℓ/分吸入」とは、「1分あたり3ℓの酸素を吸いますよ」ですね。

 

450ℓ:何分=3ℓ:1分 だから…

何分×3ℓ=450ℓ×1分 で…

何分=450ℓ×1分/3ℓ 3ℓで割れるから…

何分=150分      うん、できたよ!

 

ちょっとまって。

計算自体はできていますが、問題は何と聞いていますか?

「何時間」と聞かれていますよね。

「150分は何時間か」を求めなくてはいけません。

ここも比例の式。

1時間は60分。これはいいですよね。

では、比例の式を立ててみると…。

 

1時間:60分=何時間:150分 …だよね

何時間×60分=1時間×150分  だから…

何時間=1時間×150分/60分  10で割って、3でも割れるね

何時間=5/2時間       ええと、これって2.5時間かな?

 

そうですね。

5/2時間は2時間と1/2ですから、2.5時間です。

ここまで解ければ、大正解。

このように、問題文はちゃんと読む必要があります。

求められている単位は何なのか

普段から意識しておきましょうね。

 

…ここまで問題を解いてきましたが。

前回出てきた見知らぬ単位(kgf/cm)、

知らなくてもちゃんと解けましたよね。

 

だから、みなさんが覚えておくことは

見知らぬ単位が出てきても、驚かない」こと。

あわてずさわがず、比例の式を立てればいいだけです。

もちろん単位を付けて式を立てることをお忘れなく!

ミスしたときにも単位で気が付けるようにしておいてくださいね。

これで、酸素ボンベの計算は怖くありません。

次回からは、点滴計算の問題に入りますよ。