1 どうして新コロナちゃんは問題?

これを書いている2020年現在、

世界中を恐怖のどん底におとしいれている新型コロナウイルス

(COVID-19:以下「新コロナちゃん」)。

どうしてここまで問題になっているのでしょうか。

今までの(従来からある)コロナウイルスと、

何がどう違うのでしょうか。

 

はっきり言って、

全てが解明されたわけではありません。

だから、ここでは

「セントラルドグマ」と「免疫」の2つの視点から、

「看護師国家試験に関係する範囲で」

新コロナちゃんを理解していくことにしましょう。

 

1、コロナウイルス一般の理解・確認

まずはコロナウイルス一般について簡単に確認しておきましょう。

微生物学の勉強がまだの人にも分かるくらい、

簡単にまとめますよ。

 

たくさんの種類があるウイルスの中に、

「コロナウイルス科」という一群があります。

コロナウイルス科のウイルスは、

RNAで自己の情報を保存・伝達するRNAウイルス。

表面を覆う膜(エンベロープ)があって、

そこにタンパク質が出っ張っているところが

太陽の「コロナ」に見えるところから、その名前が付きました。

多くは上気道感染から、かぜ症候群のもとになります。

その辺にいる、ごくごく普通のウイルス。

それが従来の(本来の?)コロナウイルスです。

 

そんなコロナウイルス科で注意が必要なのは、

SARSコロナウイルスとMERSコロナウイルス。

重症急性呼吸器症候群(SARS)と、

中東呼吸器症候群(MERS)の原因ウイルスです。

SARSは2002年の中国、

MERSは2012年のアラビア半島から猛威を振るいました。

いずれも発熱や頭痛で始まり、

重症化すると呼吸困難を引き起こします。

どちらも感染症法2類の対象ですよ。

だから、少なくとも2019年までは

「コロナウイルス科は上気道感染の『かぜ』のRNAウイルス!

感染症法2類のSARSとMERSがあって、

SARSは検疫不要でMERSは検疫必要!」…これで十分だったのです。