3 ちょっと寄り道:サイトカインストーム(3)

ここまで分かれば、

サイトカインストームのおはなしをしても大丈夫なはず。

サイトカインは、白血球たちの情報伝達に使われるもの。

異物を貪食し、変になってしまった細胞を処分するために、

白血球たちが働きやすい環境を作り出しているのですが…。

 

余りに活発に働きすぎると、

白血球の出したサイトカインのせいで、

ヒトの体が死んでしまいかねない免疫反応が起きてしまいます。

例えば、肺で白血球がサイトカインを出しすぎると、

白血球が気道(気管や気管支)に集合しようとします。

白血球が集合するために、

一緒に血管からしみ出た血漿

(組織液になりますね)もそこに集中して腫脹に。

結果、腫脹で気道が閉塞してしまうと…死の危険です。

肺のように1か所に集中したからこそ危険なこともありますが、

高熱や極度疲労、嘔気から始まって全身臓器が機能不全になる

多臓器不全(MOF)からも生命の危機!

 

このような、

サイトカインと白血球のポジティブフィードバック

(どんどん強化する方向に向かう「正のフィードバック」)で起こる、

致死的となりうる免疫反応が「サイトカインストーム」です。

 

このサイトカインストーム、

新コロナちゃんだけが原因ではありません。

エボラ出血熱や鳥インフルエンザのような

「うわっ!危なそう!」のものから、

各種の異物侵入に負けた敗血症でも起こる可能性があります。

 

さて…みなさんは「致死的ともなりうる免疫反応」を

他にも勉強しましたよね。

そう、アナフィラキシーショックです。

せっかくなので、

アナフィラキシーショックも簡単に確認しましょう。

 

まず、体の免疫が過剰に働きすぎてしまっている状態が

過敏症(アレルギー)。

Ⅰ型からⅣ型まで分かれていましたね。

特に異物侵入からすぐに(30分以内)出る即時型のⅠ型と、

異物侵入から反応までに時間のかかる(48~72時間)

遅延型のⅣ型。

この2つはよく看護師国家試験に出るので、

しっかり理解しておく必要がありますよ。

具体例もちゃんとイメージできていますか?

花粉症がⅠ型の、

結核の免疫有無を確認するツベルクリン反応がⅣ型の代表ですね。

ここまで確認したうえで。

アナフィラキシーショックはⅠ型の中で

特に免疫反応が過剰に起こったものです。

Ⅰ型のキーワードは「抗体(Ig-E)」「肥満細胞」「分泌顆粒」。

抗原(侵入した異物:花粉症なら花粉)が体に侵入したとき、

ガードマンの抗体(Ig-E)がそれを取り押さえ、

肥満細胞に異物追い出しの応援要請を出します。

肥満細胞は要請を受けて、

中にあった分泌顆粒(中に入っているのはヒスタミン)を放出。

ヒスタミンの働きで、涙や鼻水などが出て、

抗原が外に追い出されてめでたしめでたし…でしたね。