3 強く打った!(打ち傷):頭部個別器官

「頭部を強く打った!」ときの一般的なおはなしは前回しました。

今回は「個別の部分を強く打った!」おはなしです。

 

眼の周りを強く打ったとき、一番怖いのは眼球破裂。

運よく破裂を免れても、

その分の衝撃が周囲の組織(骨も含む)に

悪影響を与えている可能性があります。

眼(眼球)を動かさないように、

きれいな冷たい水でタオルを濡らして、

眼を閉じてから上を覆ってください。

圧迫しないように包帯やガーゼで固定してから、

病院に行って眼科にかかってください。

当然この状態では周りを見ることはできませんから、

一緒についていく人は周囲に注意してあげてくださいね。

 

耳を強く打ったとき、鼓膜が破れることがあります。

鼓膜は音の振動を受け止めるところですが、

鼓膜が破れても音が聞こえなくなるわけではありません。

「聞こえが悪いなぁ…」と感じたら、

破れてしまっている可能性が高いですね。

それ自体は病院に行かなくても治りうるものですが、

破れたところから異物が入り込むと感染の危険があります。

耳鼻科にかかって、消毒してもらった方が良いですよ。

 

鼻の打ち傷は鼻出血になることがほとんど。

鼻出血のおはなしは切り傷(2)ですね。

https://5948chiri.com/fiai-1-2/

鼻骨の骨折は鼻詰まりを起こしやすくなるだけでなく

痛みがあります。

呼吸器系の感染症のときに炎症が長引く可能性が出てきますので、

こちらは(痛みを早く治すためにも)耳鼻科へ早くかかりましょう。

 

あとは口周りの打ち傷ですね。

こちらは「切れた!(切創)」と「打った!(打ち傷)」の

混合になることが多くなります。

唇や舌から出血すると、かなりたくさんの血が出ます。

慌てがちですが、痛いのを我慢してまずは水でうがい。

ちゃんと血を外に出して。

血を飲み込まないでくださいね。

水で流すと、切れた部分が見やすくなります。

これまた痛いのを我慢して、

清潔なガーゼで切れたところを圧迫しましょう。

すぐに外科(可能なら口腔外科)にかかれば、

縫ってもらって、意外なほど早く治ります。

だからこそ、出血量に慌てず、落ち着いて対処してください。

傷の治癒に対して感染を防ぐことが重要な理由は、

皮膚のおはなしのところでしましたよね。

https://5948chiri.com/adan-4-4/

ちょっと重症なのが歯茎(歯)の出血。

単に歯茎の粘膜が切れただけならいいのですが、

顎の骨や歯の根が折れた可能性があります。

これは歯科(と口腔外科)に急いでかかりましょう。

最初はきれいな水でうがいをすることをお忘れなく。

もちろん、途中で出た血も飲み込まないように

吐き出すための袋やティッシュ等も準備してください。

可能なら、きれいなガーゼ等で出血部を圧迫しておくと

出血由来の貧血・ショックを防げますよ。