3 強く打った!(打ち傷):補足

頭部のように派手ではない、

だけど放置すると大変な陰部と打ち傷のその後のおはなしです。

 

男性の場合、陰嚢を打つことが多いです。

腫れて痛み、内出血することも珍しくありません。

とにもかくにも、冷やしましょう。

氷ではなく、水で濡らしたタオルやガーゼが安心です。

病院への移動時には、

保冷材を乾いたタオルで(タオルの厚みにより2枚にすることも)

包むと冷えすぎずに冷やせます。

 

本当に怖いのは、

陰嚢ではなく会陰部(陰嚢と肛門の間)を打ったとき。

普段意識しませんが、そこは尿道の通り道。

断裂の危険すらあります。

血尿が出た、そもそも尿が出ないなんてときには

すぐに病院へ!

尿が出ないとどうなるか、

勉強してきた皆さんには難しくありませんよね。

 

女性の場合、会陰部を打っても尿道が傷つく心配はありません。

解剖学的に尿道が太く短いことに加えて、

浅いところを走行していないから…ですね。

ただ、膣から出血することがあります。

このときには消毒と縫合が必要になる可能性が高いです。

出血でなくとも、おりもの(帯下)の色が変わったら是非受診!

感染症を起こしているかもしれません。

 

一般的に打ち傷のあと、

腫れ(こぶができる)やあざ(内出血)ができます。

原則として、出血が止まったなら、

再吸収を促した方が治りが早くなります。

出血が止まったかどうか、

外側からは確認できないことが多いので、

「2~3日は冷やす」としておいてください。

そのころに痛みが引いてきたら、あとは温めて再吸収モード。

お風呂やシャワーで、血行を良くしてあげてください。

痛みが引いてこなかったら…病院で確認した方がよさそうです。

「一見打ち傷、実は骨折や捻挫」の可能性があります。

打った場所と角度によっては、

脱臼や亜脱臼を起こしているかもしれません。

 

原則は「2~3日は冷やす、

その後痛くないなら温める、痛いなら病院!」です。

例外的に即病院に向かう例については、

ちゃんと紹介してありますからね。

もちろん、「明らかに変!」と気付いたら、

早く病院に向かってくださいね。