6 目が痛い!(角膜炎・結膜炎)(2)

黒目のおはなしをしたので、

白目のおはなしもしましょう。

結膜炎のおはなしです。

 

結膜は、まぶたの裏と白目の部分。

目にゴミが入ったときに、

傷が付くとしたら角膜よりも結膜です。

レンズと絞り(見えるための条件:視覚)に

関係しないからいいや…とはいきませんね。

ゴロゴロする、涙が出る、赤くなる。

かなり不快ですから、

ゴミ等の異物が入らないように

まぶた(瞼)と、まゆげ(眉)と、まつげ(睫毛)があるのです。

 

それでも、防ぎきれない異物は結膜炎の原因になります。

細菌・ウイルスのような病原体をはじめ、

金属片も危険な異物です。

 

これら「小さなもの」が入ったら、

まずは洗い流してみましょう。

痛くて自然に出る涙で流せればそれもよし。

手元にある刺激の少ない(無刺激又は低刺激)目薬があれば、

それも涙の助けになります。

きれいな水を洗面器等の容器にいれ、

そこに顔を付けて眼をぱちぱちするのもいいですね。

花粉症対策に販売されている、

「眼うがい(目の周りだけ水につけた状態)」も

使えるはずです。

 

それでもだめなら…痛みが残っているなら病院へ。

特に金属片が入った場合、

まぶた裏でさびてしまうと結膜に悪影響が出てきます。

まぶた裏なら、見えるかも…と無理をしないでくださいね。

特に上まぶた裏は危険ですので

下まぶたをちょっと引っ張って異物が見えないなら

病院へ直行です。

もし下まぶたの見える(しかもとりやすそうな)ところに

異物が見えたらなら、

清潔なガーゼを濡らしてそっとのぞいてみましょう。

1回でうまくできなかったら、

こちらも深追いせずに病院に行ってしまった方が安全です。

 

次回は「小さくない」異物として、

コンタクトレンズによる結膜炎をおはなしします。