6 目が痛い!(角膜炎・結膜炎)(3)

「小さくない」異物による結膜炎の原因、

ここではコンタクトレンズによる結膜炎のおはなしです。

 

コンタクトレンズは

近視や遠視(ときには乱視)の矯正の他に、

瞳の色を変えるファッションの一部としても使われます。

とても便利ですが…

眼球に接するものである以上、角膜や結膜を変にして、

視力低下のもとになりうることを忘れてはいけません。

 

コンタクトレンズを付けると、

角膜表面が空気や涙と接触しなくなります。

涙はただの水ではありません。

角膜の細胞に酸素を届け、

細菌等を分解する酵素を含む大事な液体です。

特に角膜にとって酸素は死活問題。

酸素不足になると傷がつきやすくなり、

そこから細菌等が侵入する足掛かりになってしまいます。

本当はその分を涙(の中の酵素)で

フォローして角膜の正常化を待つのですが…。

涙が来ないと、

酸素不足と傷、感染可能性のどれも解消されません。

それはまずいので角膜周囲から血管が伸びてくると

今度は血管のせいで視界が曇ってきます。

…視力障害ですね。

 

だから、コンタクトレンズの連続装用には時間制限があります。

「~時間以上付けないでくださいね。

可能なら、もっと早く外して目を休めてください」

等々の注意書きがあるはずです。

コンタクトレンズ自体も改良が重ねられ、

「酸素を通す・涙となじむ」ことを優先した

レンズが出てきてはいますが…。

コンタクトレンズを外した時の

「あー、ほっとした…」という感覚は、

角膜にとっての「酸素来た!助かったー!」でもあるのです。

 

酸素だけでは、細胞は生きていけませんでしたね。

涙からは栄養分を受け取ることができません。

それは角膜の内側…水晶体と虹彩の間からでる房水のお仕事。

房水の栄養分は、角膜の内側の細胞が頑張って吸収。

そして角膜の外側へと届けてくれるのです。

 

ここまでのおはなしに炎症は出てきませんでした。

それでも視力障害(視力低下)が起こる可能性があるのです。

 

以上は、コンタクトレンズ(とその使用)自体に

異常がなかったときのおはなし。

コンタクトレンズが合わない(コンタクトレンズ自体が不良)、

もしくは使用方法を間違えるともっと大変なことになります。