6 目が痛い!(角膜炎・結膜炎)(1)

目が痛くなる原因はたくさんあります。

まずは前回(5 やけどと凍傷)の日焼けとのつながりで、

紫外線による目が痛い…角膜炎のおはなしです。

 

角膜炎というとものものしいですが、

冬の雪目や夏のレジャー時の目の痛みと言えば身近に。

どちらも、紫外線が角膜に悪さをしたせいです。

角膜は、黒目の部分(レンズと虹彩のある部分)を

おおっているカバー。

そこの細胞が「紫外線で変になってるよ!助けて!」と

信号を出しているのです。

紫外線が一定量以上当たると、細胞のタンパク質は変性し、

DNAに傷がついてしまいます。

これでは、正常な機能を果たすことができません。

 

紫外線を浴びて、角膜が変になってから

痛み、涙が止まらない…等の症状が出るまで

多少時間がかかります(1時間~)。

もしまだ紫外線の強い場所にいるときには

すぐに屋内へ。

数日でよくなることがほとんどですが、

病院で人工涙液等の点眼薬と

(感染予防の点眼薬も必要なことがあります)、

痛み止めを出してもらった方がいいですね。

 

レジャー中に角膜炎にならないために、

サングラスやゴーグル等の保護メガネを

事前に準備しておくといいですね。

雪山でのレジャー中に、

いくら気分がいいからとゴーグルを外しっぱなしにするのは、

角膜炎になってくれと言っているようなものですよ。

雪による紫外線反射は、角度の関係もあって

夏の日光よりもダイレクトに目に届きます。

 

ただの炎症で終わればいいのですが、

手術が必要な「翼状片」が出てくることもあります。

紫外線を長期に受け続ける職業で起こりやすい、

結膜(白目)から角膜(黒目)の部分に

血管を含む細胞が増殖してはみ出してくるものです。

視力低下を起こすので、手術ですね。

1回の角膜炎で出来るものではありませんが、

これまた紫外線の浴びすぎに注意しておいてください。