8 うっ!(ショック各種)(2):感電

ショック状態を引き起こすものの1つ、

感電についておはなしします。

 

最初に注意。

感電と分かったら、

助けに入る人は最大限の注意を払ってください。

助けに入った人が感電しては、

助かる命も助からなくなります。

最初にすることは、

「電源を切ること」です。

 

感電原因の多くは電気機器とコンセントです。

まずはそれらの電源を、乾いた手で切ってください。

濡れた手では、あなたまで感電してしまいます。

少し厚目のゴム手袋を準備できれば安心です。

水回りには(普段使う予定がなくても)

ゴム手袋を用意しておくとなにかと便利ですよ。

 

電源を切る(コンセントを外す)ことができたら、

次は感電者を電源から遠ざけてあげましょう。

ゴム手袋を付けたまま、

可能なら棒等で電源を遠のける

(場合によっては感電者を引き寄せる)ことが必要です。

 

ここまでできたら、救急車を呼んでください。

ゴム手袋等の準備がなくて手間取りそうなら、

最初に救急車を呼んでしまってもかまいません。

おそらく、感電者は(少なくとも一瞬は)

心臓停止と呼吸停止になっているはずです。

 

…理由は、分かりますよね。

心臓は刺激伝導系からの刺激による心筋の収縮で動いています。

そこに刺激伝導系からよりも強い電気が流れてしまったら、

心臓の筋肉はそのショックで強く収縮して…

刺激伝導系自体が、電気をうまく作れなくなってしまいます。

これでは心臓がうごきません。

神経細胞の命令に従って動いている呼吸筋も同じです。

神経細胞が強い電気にショックを受け、

それ以降筋肉に命令を伝えなければ、

呼吸だって止まってしまいます。

 

家庭内の事故ならまだ何とかできる余地はありますが。

凧あげ等の電線による感電や、

落雷による感電は手に負えません。

電線の感電は電力会社にすぐに連絡です。

落雷のときは電気は通り過ぎた後ですから、

すぐに救急車と人工呼吸・心マッサージです。

もっとも、本当に雷が直撃してしまったら、

脳細胞もあっという間に働かなくなり、

残念ながら即死状態です。

でももしかしたら吹き飛ばされただけかもしれませんし、

恐怖によるショックで済んでいるかもしれません。

だから安全なところで、

人工呼吸と心マッサージはあきらめないで続けてくださいね。