6 ケース6:最後の親孝行?(5)

アウトにならずにできること。

看護師の立場だったらどうでしょうか。

 

患者の生命については、医師よりもできることは少ないでしょう。

でもケース5でおはなししたように、

看護師はこころとからだを看る専門職。

「こころ」に対しては、まだできることがあります。

まず、患者さんの心を支える援助ができます。

入院から徐々に悪化していく病気なら、

病の受け止めや自己決定権行使につながる情報提供等ができます。

 

本事件のAは意識がもうないよね?

こころを支えるなんて、もう不可能じゃないの?

 

寝ているときのあなたは、快・不快を全く感じませんか?

暑いと汗をかいてべたついて不快、

寒いと震えてゆっくり休息できなくて不快…ですね。

意識はなくとも、内分泌(ホルモン)や反射は環境に反応します。

ということは、

患者さんの意識はなくとも「安楽」の提供はでき、

決して無意味なことではないのです。

身体をさする、手を握る、体を清潔にする。

これらも「こころ」に対してできることです。

次に、患者さんの家族を支えることができます。

動揺・動転している家族に寄り添い、

感情表出を受け止め、話を聞く。

これだけでも、大きく違うものです。

 

ただ、現実の医療現場では時間が足りないかもしれません。

だけど「できること」として意識しておくと、

何かのときに、幾分優先順位を上げて対応できます。

医師にできないことを、看護師はできるんだ。

看護師にとっては無力感を解消できます。

医師は、看護師にその役目を任せてください。

以上が、ケース6でした。

終わりにするには少々歯切れが悪いですが…仕方ありませんね。

少なくとも、今、ここで考えたことは無駄になりませんよ。

医療職として、できることとできないことが分かる。

自分に置き換えて、

自分はどう終わりを迎えたいかについて考えるきっかけになる。

それだけでも、十分意味のあることなのです。