13 各論7:ウイルス(1)DNAウイルス(1)

ここからは「生物?」か怪しい「ウイルス」のおはなしに入りましょう。

微生物各論の、最終ブロックですね。

ここもかなりたくさんの種類がありますので、

情報記録にDNAを使うか、RNAを使うかで大別しましょう。

 

最初に注意点。

DNA組のヘルペスウイルスグループ以外は、

1グループに代表となるウイルスは1種類だけです。

ヘルペスウイルスグループだけは、ちょっと気合を入れて頑張りましょう。

 

RNA組は…グループ自体が多く、代表ウイルスも1つだけではありません。

RNA組が始まるときにもう1回注意事項としますけれども、

「RNA組はグループも代表もいっぱいいるぞ!」と思っておいてください。

 

DNAウイルス組に含まれるのは、

アデノウイルス科、パルボウイルス科、ポックスウイルス科、

ヘルペスウイルス科、パピローマウイルス科、ヘパドナウイルス科ですね。

それぞれの科(グループ)の代表ウイルスは、

ヘルペスウイルス科以外は1つです。

でも、その代表ウイルスが原因になる病気は1つとは限りませんからね。

 

A アデノウイルス科

アデノウイルス科の代表はアデノウイルス。

周りを包むエンベロープのない、正二十面体のウイルスです。

細かい型(サブタイプ)が多く、

タイプによってヒトの体で悪さをするところの違いがあります。

まとめると「結膜」、「呼吸器系」、「消化器系」ですね。

どれも分泌物(目やにや痰)や糞便から感染が広がるため、

院内感染に注意が必要ですよ。

 

流行性角結膜炎(「はやり目」)は、

眼科が定点報告として届け出が必要な5類感染症。

7日~14日の潜伏期を経て白目が赤くなる(充血)、

まぶたの腫れや裏側のぷつぷつ、涙が止まらない等の症状がでます。

伝染性が非常に強いため、院内感染要注意です。

お医者さんが「学校に行ってもいいよ」と言うまでは、出席停止ですからね。

 

同じく目に出るのが咽頭結膜炎(「プール熱」)。

こちらは小児科が定点報告する5類感染症です。

潜伏期は5~7日で、その後に充血、発熱、咽頭痛が出てきます。

小児(特に学童)のプールに関係して一気に感染が広がるので、

主症状が消えてから2日が過ぎるまでは出席停止になります。

 

プールの夏だけではなく、冬にもアデノウイルスには注意が必要。

冬の小児に多いのが急性咽頭炎です。

その実態は…

咽頭の赤みと頚部リンパ節の腫れが出る「かぜ症候群」ですね。

「何だ、たかが『かぜ』か」ではありません。

そこから肺炎を起こしてしまうと乳児は重症化しやすくて危険!

 

のどから胃に入ると急性胃腸炎。

腹痛、下痢、嘔吐だけなら

「単なるかぜ症候群?」で済まされてしまいそうですが、

これまた乳児では腸重積症を合併する可能性があります。

腸重積症は血液が腸管に届かなくなってしまう

絞扼性イレウスの原因ですよ!

 

なお、泌尿器系に感染することもあります。

他の部位の感染から手指経由で、

急性出血性膀胱炎が出現することがあります。

男児に多く、血尿や頻尿、残尿感が出ますが、

10日ほどで自然によくなるはずです。

あとは性行為で感染し、

尿道炎や子宮頚管炎の原因にもなりうるのがアデノウイルスです。