3 総論:侵入経路(5)血液感染・垂直感染

「いきなり血液に入り込んでしまった!」という感染もありますね。

微生物のいる血液が、

他の人の血液に入り込む「血液感染」です。

代表的なものが薬物常用者による注射器の回し打ちです。

そして医療者にとって怖い「針刺し事故」もここにあたります。

針刺し事故の予防については、

少し先の「スタンダード・プリコーション」のところでおはなししますね。

 

「血液から」ではありませんが、

薬に微生物が入っていると

これまた血液に直接微生物が入り込んでしまいます。

薬剤による感染ですね。

薬そのものに微生物が入り込んでしまった

「薬害エイズ(血液製剤にHIV混入)」が代表です。

あとは、薬の調剤中や輸液準備中の微生物混入もここに入ります。

薬に微生物を混ぜてしまわぬよう、

細心の注意を払う必要がありますね。

 

「ヒトからヒト」への感染を確認してきました。

今までは「同じ世代のヒトに移る」ことをイメージしてほしい

「水平感染」です。

最後におはなしするのは「垂直感染」。

母から子(胎児:下の世代に移る)感染です。

 

母体に微生物が入り込んでいるとき、

子にも移ってしまう微生物がいます。

接触感染として出産時の「経産道感染」。

性感染症の1つ単純ヘルペスウイルスは経産道感染です。

血液感染として胎盤から胎児に移るのが「経胎盤感染」。

性感染症ではないのにTORCHに含まれる風疹ウイルスは胎盤感染ですよ。

また、血液をもとに作られる母乳で移るものもあります。

知らず知らずに感染していることが多いサイトメガロウイルスは、

母乳に多く含まれますよ。