9 各論4:体温(内分泌系):視床下部・下垂体(1)

体温ブロックの2つ目。

内分泌系(ホルモン)に働く薬のおはなしに入りましょう。

大部分は、実は今までのところでおはなし済み。

途中で抜けていたところを補足していきますよ。

大まかな流れは上から下へ。

視床下部と下垂体の頭部パート、

甲状腺と副甲状腺の頚部パート、

副腎と性腺パートと進みますよ。

 

頭部パートは視床下部と下垂体。

視床下部はホルモンの大元締め。

下垂体が各現場に個別の命令を出す中元締めですね。

視床下部は下垂体に命令を出しますが、

下垂体は視床下部に命令できる立場ではありませんよ。

 

視床下部や下垂体から出る個々のホルモンについては、

生化学や解剖生理学でおはなししてあります。

忘れてしまっている人はしっかりと復習です!

視床下部や下垂体がおかしくなると、

そこから下のホルモン全てがおかしくなってしまうことを

イメージできるようになってくださいね。

 

視床下部や下垂体が変になってしまったときに、

薬は「補充療法」という形で役に立てますね。

 

例えば、視床下部から出る

ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)が不十分だと、

下垂体前葉から出る卵胞刺激ホルモン(FSH)や

黄体形成ホルモン(LH)の分泌が不十分になってしまいます。

これらは生殖器系に働くホルモンですから、

このままでは生殖不能になってしまいますね。

 

こんなときにゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)を

分泌させる薬がクロミフェンクエン酸塩(クロミッド)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00053887

これで卵胞刺激ホルモン(FSH)も

黄体形成ホルモン(LH)も出て一安心…と思いたいのですが、

影響がそれなりに広く出てしまいますよ。

 

次回は、クロミフェンクエン酸塩の禁忌から確認していきましょう。